※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アディオスまとめウィキへようこそ!

  • お越し頂きありがとうございます。
  • このページは、2012年3月より女性生主「魚(ギョ)」を執拗につけ回している「タカコー」についてのまとめページとなります。
  • まずは時系列を追ってのまとめから初め、どなたさまにもお楽しみ頂ける情報集積をしたいと考えております。


まずは基本的な時系列。

インタビューズでの接触
3/8、魚(ギョ)のインタビューズに長文の質問が開始される。2往復目に魚(ギョ)が回答拒否の意思を伝える。
メールでの接触
拒絶意思をどう捉えたのか、魚に対しメールで直接接触を図るタカコー。魚は無視するが、そのことが仇になり、タカコーの脳内妄想が加速することに。
生放送での接触
魚の生放送にも頻繁に顔を出すタカコー。
魚の知人の懐柔を試みる
魚の知人・生主仲間等に「魚さんに、タカコーいいやつだよと言ってください」等と供述。
魚、和解を試みる
4/3の放送で、”普通のリスナーとして振舞えるなら存在を許容”として魚が和解を試みる。タカコーもそれに同意。事態は収束する…と思われた。
タカコーは変われない
その後も放送での「魚さん」連呼。質問攻め。業を煮やした魚はとうとうタカコーを生放送上でNG処置。しかし、またそれが仇になる。NG乱発でまたも舞うタカコー。
タカコー、魚の親友に接触。魚、激怒。
魚の親友を懐柔しようと接触するタカコー。当然その行動は魚にリークされ、激怒した魚は好意的な態度でタカコーを釣り、タカコー関連のテキストを全て生放送上で晒し、叱咤。
それでもタカコーは不変
「魚さん原理主義」を掲げるタカコーは、どんな責めに遭っても魚から離れようとはしない。ツイッターを開設し、魚へのゆがんだ愛を叫ぶ……。
タカコーに協力者登場
8月下旬。タカコー宛に無断で魚の写真を送りつける協力者が登場。『オレイン酸』と名乗るその人物は、タカコーの為だけの1対1アカウントで情報を流した模様。
そしてストーカーへ
10/28。USJで魚を発見し、本人には声をかけず、あとをつけていたことを明かしたタカコー。これは偶然だったのか、それ以外だったのか……。