恋を語る詩人になれなくて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(一連スタンダード)

校庭の楡の木陰
リルケの詩集をめくり
唇が動いている  (メンバー)
君は今 胸の奥に
どんな悩みを抱えて
そよ風に吹かれるのか?  (メンバー)

遠くから 気づかれず そっと守ってあげたい
被せ(メンバー メンバー メンバー メンバー)
眼差しは 君を暖かくするよ 
被せ(メンバー メンバー メンバー メンバー)
太陽

恋を語る詩人になれなくて…
言葉を飾るより
無口な僕でいる
恋を語る詩人になれなくて…
ときめきは ときめきのまま
野に咲く花であればいい

(一連日本語)

紺色のセーラー服
リボンを結び直して
微笑んで走り出した  (メンバー)
その場所で見つけたのは
きっと答えではなくて
青春という名の道  (メンバー)

すぐそばを 過ぎて行く ほのかな石鹸の香り
被せ(メンバー メンバー メンバー メンバー)
振り向けば 君のその後ろ姿に
被せ(メンバー メンバー メンバー メンバー)
木漏れ日

語るだけで消えてしまいそうな…
伝えることよりも
大事なものがある
語るだけで消えてしまいそうな…
切なさは 切なさのまま
愛おしい花であればいい

(間奏)

恋を語る詩人になれなくて…
言葉を飾るより
無口な僕でいる
恋を語る詩人になれなくて…
ときめきは ときめきのまま
野に咲く花であればいい




名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。