水のないプール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(MIX無し)

教室の窓から
水のないプールを
眺めてた
あの夏の陽射しや
アブラゼミ 思い出す

はしゃいでいた友の笑い声
遠くに聴こえてくるよ
水しぶきあげてた青春は
真っ赤な夕陽の手前で
影になる

人はみな不器用で
泳ぎ方を忘れる
喜びや悲しみに
足がつかずに
溺れそうで…

(二番渡り)

銀杏の落葉たち
コンクリのプールの
底を埋め
次の夏 来るまで
水面を待っている

色が褪せた肌の日焼けは
余計に寂しくなるね
思い出はいつも消えて行き
新たな記憶が生まれて
重なるよ

じたばたと足がつり
鼻に水が入って
苦しみにむせながら
泳げるように
なってゆくよ

どれだけの水を抜き
また入れるのだろう?
いつの日か
プールの底が
浅く 感じるのか?

(間奏)
メンバーが一人台詞  拍手

人はみな不器用で
泳ぎ方を忘れる
喜びや悲しみに
足がつかずに
溺れそうで…




名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。