ビデオ設定

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放送であるクラを使われる方もいるので、配信者向けの軽くなるビデオ設定です。
設定は日本語で行っています。
ページ下部に各機能の解説を載せました。参考までにどうぞ。

項目 設定   項目 設定
グラフィックス 処理優先   描画距離 少なくする
スムースライティング オフ   最大のフレームレート 少なくする(30以下は非推奨)
3Dアナグリフ オフ   画面の揺れ オフ
GUIの大きさ 任意   Advanced OpenGL オン
明るさ 任意   雲の表示 オフ
パーティクルの表示 最小   サーバテクスチャ オフ
ミップマップレベル オフ   異方性フィルタリング オフ

これでだいぶ軽くなると思います。ここまでやってまだカクつくようではマイクラは厳しいでしょうね。
これと逆のことをやれば重くはなりますが、グラフィックがだいぶ綺麗になるのでたまにどうぞ。
ビデオ設定以外に、音楽や効果音を切るのも効果が大きいようです。

  • グラフィックス
描画優先にすると、葉ブロックの透過や影の表示などが描画されます。雰囲気を求める場合はオン。
処理優先では描画されませんが、その分動作が軽くなります。

  • 描画距離
数値を大きくするほど遠くまで描画されます。少なくすると、数値分以上離れたチャンクは霧で見えなくなります。
この設定が一番動作に影響します。小さければ小さいほど軽いです。

  • スムースライティング
最大ではリアルな照明効果が得られますが、パフォーマンスは落ちます。
オフでは光にバラつきが出ますが、暗い場所が分かりやすくなり、動作も軽くなります。

  • 最大のフレームレート
大きくするほど滑らかに動くようになりますが、性能を問われます。
無制限にすると使用しているモニターの最大値まで自動で引き上げられます。
低くすればするほど軽くはなりますが、10や20では低すぎてカクカクするので、下げても30がいいところ。

  • 3Dアナグリフ
オンにすると3Dでプレイできます。3Dメガネが必要なので放送では使用しません。
多少重くなると思いますが、必要ないので未検証。

  • 画面の揺れ
オンにプレイヤーの移動に合わせて画面が揺れます。
パフォーマンスには対して影響しませんが、オフのほうが軽い気がします。
放送では視聴者が酔うのでオフ推奨です。

  • GUIの大きさ
インベントリなどの表示サイズを決めます。自動が一番楽です。

  • Advanced OpenGL
見えないブロックを描画しない機能です。これに限ってはオンのほうが動作が軽くなります。
グラボがない場合はオフでも構わないそうです。

  • 明るさ
動作には影響ありませんが、暗いほうが雰囲気は出ます。
ただ、放送画面がゲーム画面よりも暗くなる場合があるので、暗くしすぎると放送が見えないかもしれません。

  • 雲の表示
オフのほうが描画数が少なくなるので軽くなりますが、描画距離が4以下の場合はオンでも描画されません。

  • パーティクルの表示
オンにすると松明の揺らめきや着地時の砂利、魚のあぶくなどが表示されますが、動作に影響します。
最小にすると軽くなり、雨の音も聞こえなくなります。

  • サーバテクスチャ
あるクラではカスタムテクスチャを使用していないのでオフで構いません。

  • ミップマップレベル
遠くのブロックの模様が潰れないように見やすくする機能です。数値が大きいほど重くなります。

  • 異方性フィルタリング
数値が大きいほど高負荷ですが、ブロック間のギザギザが解消されます。

管理者がMODに対して消極的なので、軽くなるMOD等の紹介は出来ません。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。