選外ライダー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1枚の映像ディスク

+ネタバレ注意

          \  __  /              /) ) )
        / X    X\               ////
        //⌒}. ゚ {⌒\|            <  _ /
         | |   /|  |   ||       x<        つ
         | ゝ/ノ⌒',\.ノ|  <  |    >  ̄ ̄
       VイVニニV <      >
          \〈--- <      >
        ̄ ̄ <      >
    /        > 厶__
    {       / ̄ Vへ   \
    ∧   _ /     |  \厂
    ゝ|__ イ          |    ヽ
     V   |       /へ   |
       |   ゝ __ /     ヽ |
       |   〉----イ       V
       |   〉----ノ ̄ ̄ ̄ ̄ト
      ∧ニ} ト----|       ハL{二V
    / // ̄.| ̄ ̄// ̄/へV{ { { { |
   {  | | |二}   | {二={X{|| | ト‐┬‐

【CLASS】ライダー
【真名】マスクド・ライダー(全ての特撮作品への希望概念の結晶)
【性別】男性
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力 C  魔力 C
       耐久 C  幸運 C
       敏捷 C  宝具 A++

【クラス別スキル】
・対魔力:C
 第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
 大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。

・騎乗:A+
 騎乗の才能。獣であるのならば幻獣・神獣のものまで乗りこなせる。ただし、竜種は該当しない。

【固有スキル】
・勇猛:C
 威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
 また、格闘ダメージを向上させる効果もある。

【宝具】
<クラスチェンジ>
 ランク:A++
 種別:対人宝具
 レンジ:-
 最大捕捉:1人(自分)
 様々な特撮作品のヒーローの逸話を一括化する事により具現化された宝具。
 あまりに膨大なため1つのクラスに修める事が出来ず、それを7分割する事により宝具として機能する。
 ライダーのサーヴァントクラスを他のクラスへと変更する事が出来る。
 それに伴い、クラス別スキルや宝具がそれぞれのクラスに適合した物へと変化する。
 ただし、アサシンクラスは存在しないため、変更する事が不可能である。
 (また、英霊の汚染などにより、アヴェンジャークラスに変わる危険性をも伴っている。
  汚染条件としては聖杯からの汚染や、マスターの影響などが関わってくる。)

・セイバーフォーム
 修得スキル:対魔力A 騎乗B
 宝具:<金色の一振り(ライダースラッシュ)>
 効果:対軍宝具(火力担当)

・ランサーフォーム
 修得スキル:対魔力B
 宝具:<深緑の一刺し(ライダースティング)>
 効果:相手のマスターとサーヴァントの魔力供給パスを切断する

・アーチャーフォーム
 修得スキル:対魔力D 単独行動B
 宝具:<漆黒の魔弾(ライダーシューティング)>
 効果:「全参加サーヴァントの最大射程を上回る」概念で打ち出される魔弾

・ライダーフォーム
 修得スキル:対魔力C 騎乗A+
 宝具:<英雄の一撃(ライダーキック)>
 効果:近距離宝具攻撃

・キャスターフォーム
 修得スキル:陣地作成A 道具作成A
 宝具:<深紅の魔竜(ドラゴンライダー)>
 効果:赤き竜を召喚し、その火炎で焼き払う。

・バーサーカーフォーム
 修得スキル:狂化:A+
 宝具:<蒼穹の狂戦士(ライダーバトル)>
 効果:「自分以外の全参加サーヴァントのクラススキルをライダーの物に変更」した上で一箇所に集めて戦う。
    欠点として制限時間がある。

・ヒーローフォーム
 修得スキル:勇猛EX 正義の味方EX
 宝具:<風のように現れて 嵐のように戦って(ア・ヒーロー・ドーズ・ノット・ダイ)>
 効果:必ず勝利する。発動条件として完全な窮地である事、相手が悪である事が求められる。
    又、戦闘終了後、彼は何かを遺して座へと帰還する。ヒーローは死なない。


・アヴェンジャーフォーム
 修得スキル:悪の手先EX 単独行動B
 宝具:<悪は潰えず(ブラック・ゴースト)>
 効果:対英霊宝具。相手が真っ当な英霊であればあるほど、その殺傷力が上がる宝具。
    相手に対して最も有効な形を持って危害を加える。悪がいなければヒーローは存在できない。


                    \     /
                 へ   \  /   へ  レ こ
                l:::::::\ _i!_i!_/:::::::ヽ     ゃ
                l:::''''''': : : : : : : :::ヾー '':::7       \
              >: : : :::∧∧: : : : : : ::!: :>、         /    チート(笑)
              /: :: :::ハ l  il∧∧ 、: ::::i:::ゝ        ゚
              : : : /!/ .レ   リ ソ ヽ: : : : ::1
             f: ::,::i            ヽ!:: ::::::::j  _
            ノ/|::|  >      <  j!: : /::/、 \
    (゙y'ヽ    _ゝ从j xxx f  ̄ ヽxx /,:::: '/ミミヽ ̄
      \/ ~ 〈_///ヽ.    !    } /// /::::::\
               \  .> _ ヽ   ノ <ニ{\/: : : : : : :ヽ
                \|  /ニニ三◯三三j _/: : :ヽ:: :ヾ::::i!
                  ヽノ<三.ニ十三三f: : : :::j: ::::ハ:::ゝ!
                .  /::/:/::三ニ三三ニト .,: : :::/ !/
                 /!: /: :::イ三ニ人三三ミミ:::::/
                     \ /三ニ/ツ ゞ≦ミミミ
                  /三ソ<l__l__l_.ゞ\ \
                     | |.     .\ノ
                     |_/
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|