古びた煙突
攻略ページ
湖水に映る街 攻略トップ たそがれの離島
街紹介ページへ

マップ情報

マップ概要(開始時)
開始年 1960年
クリア条件 1962年3月31日経過時
工業比率90%以上
1966年3月31日まで
年間人口増加数3,000人
黒字決算3年連続
初期人口 約8600人
資源の量 「砂草」に石炭あり
初期資金 やさしい 119億6483万円

マップの特徴

  • 平地が意外と多く、比較的開発しやすい
  • 集客の見込めるまとまった集落が4か所ぐらいある。
  • 借入金が存在する。

攻略の重要ポイント

  • 比較的簡単なマップ。既に港が2か所に設置されているので、そこからどんどん資材を輸出できるよう資材工場を港のそばに多めに建設しよう。海外価格は高めで下がりにくいし、港は動かさなければただ固定資産税を取られるだけになる。
    • 資材工場などは資材が売れなくても立地さえよければ利益は出る。生産量が過剰でも問題はない。
  • 鉄道はまず六鳥の集落と六鳥の埋め立て地とを結ぶのがよい。ダイヤを組むのに自信があれば単線にして、さらに御家街の集落まで延ばしてもいい。資材を送って旅客列車と駅が黒字になる程度まで発展させておこう。
  • 最初、住宅はマンションBしか建てられないが、1962年の4月からマンションFが建てられるようになる。人口増加数3000人の条件はその時から始めると良い。

アドバイス

  • 御家街と田千手の木造学校の需要が大きいので、それぞれの集落に線路を延ばすなら学校の近くにしよう。
  • 漁港がマップ内に1か所あるが、そのすぐ近くに卸売市場もある。水産倉庫を1つその間に建設してしまえばそれだけで一応儲かる。
  • マンションFは1962年4月からと書いてあったが、同年1月から建てられる。                                      東の港にトラックで資源を運ぼう。 隣町からがお勧め。