Counter
Total: -
Today: -
Yesterday: -
Top page total: -
Now viewing: - persons


GTAⅤ


crewについて



photo



TDU2


メニュー

+ ...


気軽にTalk!



Tips

・初心者脱出への道

・対人戦攻略(執筆中)



クラブメンバーによる

車種インプレ

+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...

新しい遊びを考える会

+ ...

リンク








※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Koenigsegg CCXR Edition


 加速: 95    スピード: 95    ブレーキ: 97

 最高出力: 1099bhp/7000rpm    最大トルク: 1080Nm/5600rpm

 駆動方式: MR

 0-100km/h加速: 2.67sec    最高速: 450km/h(458km/h)   { ※()内は実測値 }

 車重: 1228kg    パワーウェイトレシオ: 1.117kg/bhp

インプレ


アップデートを重ねるごとにVeyron各種に対抗するために性能向上が図られ、無課金最強の一角を担う。
歩道などの ギャップ に足を取られるデリケートなクルマであったが、それも修正された。
(それでもまだ足元を取られやすいクルマではある)

2WDであるため、Veyron各種の様なロケットスタートはできない。だが、中・高速域の伸びが非常に良く、Bugatti Veyron Super Sport
のように360km/hを過ぎたあたりでも伸び悩むことはない。
足回りは 強アンダー で曲がりにくいものの、適切な荷重移動とラインを見極めていれば焦ることはない。
しかし、乗りこなせることが前提であればBugatti Veyron Super Sportの方がタイムが伸びることが殆どである。
シフトチェンジもやや遅めなので、MTではタイミングが重要であるし、ATであっても速度の落ち込みに留意すべきである。
この車が真価を発揮するのは、段差の少ないスピードチャレンジ(特に、スピードマスターでは440km/hまで軽々と出せてしまう)、ギャップが少ないサーキット等だろう。

逆に市街地やなどでは歩道に乗り上げればギャップへの弱さを露呈させることになってしまう。
直角コーナーからの加速はBugatti Veyron Super Sportに負けてしまう上、コーナリングスピードではPagani Zonda Cinqueに及ばない。
そのためポイントポイントでの勝負をかけにくい。
峠ではサーキットと似たようなコーナーも多数あるが、アップダウンが激しいため着地の際に大きく車速を落としてしまうこともある。

車重が軽いのでフットワークが軽いかと思えばクイックなハンドル操作に耐えうるというだけで、肝心の旋回性能が強アンダーの足回りで台無し。
本車よりも約600kg重く、よく使用されるVeyron各種とラフファイトに入ると簡単に吹き飛ばされてしまう。
それに負けないように・躱せるようにするか、スタート直後の団子を如何に素早く抜け出すかが勝負の分かれ目になるだろう。

もちろん、単走でのタイムアタックのときにはそんなものはないので、O.R.Cに持ち出すのもいいだろう。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー