Counter
Total: -
Today: -
Yesterday: -
Top page total: -
Now viewing: - persons


GTAⅤ


crewについて



photo



TDU2


メニュー

+ ...


気軽にTalk!



Tips

・初心者脱出への道

・対人戦攻略(執筆中)



クラブメンバーによる

車種インプレ

+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...

新しい遊びを考える会

+ ...

リンク








※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Spyker D8 Peking-to-Paris


 加速: 75    スピード: 58    ブレーキ: 68

 最高出力: 600bhp/6200rpm    最大トルク: 747Nm/6200rpm

 駆動方式: AWD(Front-engine)

 0-100km/h加速: 4.60sec    最高速: 302km/h(307km/h)   { ※()内は実測値 }

 車重: 1920kg    パワーウェイトレシオ: 3.200kg/bhp

インプレ

B3カテゴリーに属する車の1台であり、クラブVSではMercedes-Benz ML 63 AMGとともにダートコースで使われる。
MLとは対照的に、SUVらしくない外観と乾いたエンジン音が特徴的である。

スペックを見ていくと、B3の車の中では1番軽く、ライバルであるMLよりも約300kg軽い。
最高出力、最大トルクもMLに勝っている。

走らせてみると、エンジンはSUVらしくなく、ピーキーであり、回転数を落とすと加速してくれない。
だが高速域での伸びは素晴らしく、最高速の307km/h(実測値)まで力強く2t弱の車体を引張っていってくれる。
なお、この車はギアが6速あるが5速で最高速に達してしまうため、レースでは6速に入れることはまずない。
6速はツーリング等でで流す時に用いるのが賢明だろう。

オンロードではこの車のエンジン特性が生き、加速でML突き放していける。
コーナーでは少し アンダーステア が強いがアクセルワークによって若干車の向きが変わるので、
オンロードでアンダーステアが強くなりがちなSUVの中では曲がりやすい方であろう。
コーナー進入時のブレーキングで姿勢が乱れやすいので、それをうまく利用するのもありだ。
ブレーキングは弱いので早めに減速するように心がける。
A2、A3程度の車なら対抗できるポテンシャルを秘めているので、対戦相手を驚かせたい時にオススメである。

オフロードでは、中・高速ダートコースなら、このピーキーなエンジン特性により車速が良く伸び、ライバルとなりうるMLよりも速く走れる。
ダートで320km/h出せるDodge Viper SRT10 Police Ibiza相手にさえも、よほど直線が長いダートコースでない限り、抜かれることはないだろう。
逆に、起伏の激しいダートコースや細かいコーナーが多いコースではドライバビリティの高いMLに軍配が上がる。

オフロードでの走らせ方としては、連続コーナーや ギャップ が続く場合、むやみにシフトアップしない方が良い。
シフトアップしてしまうと回転数が落ち込み、十分な加速が得られなくなってしまうのだ。
また、なるべくアクセルをあけられるライン取りを心がけると良いだろう。
ギャップには弱いので、飛び越える際には車体を安定させて進入したい。

オフロードにおいてトータルで見れば、こちらの方が速く走れる場合が多いが、
車、コースに対する習熟度によって逆転することもある。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー