Counter
Total: -
Today: -
Yesterday: -
Top page total: -
Now viewing: - persons


GTAⅤ


crewについて



photo



TDU2


メニュー

+ ...


気軽にTalk!



Tips

・初心者脱出への道

・対人戦攻略(執筆中)



クラブメンバーによる

車種インプレ

+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...

新しい遊びを考える会

+ ...

リンク








※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dodge Viper SRT10 ACR


 加速: 87    スピード: 78    ブレーキ: 88

 最高出力: 648bhp/6100rpm    最大トルク: 759Nm/5000rpm

 駆動方式: FR

 0-100km/h加速: 3.50sec    最高速: 383km/h(401km/h)   { ※()内は実測値 }

 車重: 1484kg    パワーウェイトレシオ: 2.298kg/bhp

インプレ

Dodge Viper SRT10をレーシーな仕様に仕立て上げたのが、このACRである。ACRとはAmerican Club Racerの略である。
フロントデュフューザ、カナード、大型のGTウイングが奢られ、レーシーな雰囲気を醸し出している。
さらに、カラー選択でノーマルのViper SRT10とは異なるストライプパターンも選択できるようになった。

スペックを見ていこう。Viper SRT10と同じエンジンユニットが搭載されているため、エンジンスペックは変わらない。
唯一の変更点は最高速であり、詳細は後に取り上げる。

走りはどうか。
加速はViper SRT10とさほど変わらないが最高速は大幅に強化されておりカタログスペックを超える401km/h(実測値)まで到達する。
この最高速はA2最速であり、数値だけで見ればOne-77CinqueTricoloreA10等と肩を並べる。
だが、この最高速のためにギヤのつながりが犠牲になっている。5速、6速ギヤ比がワイドレシオ化されたのである。
ドライバーは5速に入った途端に加速が重くなるのを感じるであろう。このギヤ比の重さが中・高速コースではタイムが出ない原因になることもある。
ハンドリングは、Viper SRT10のような、危なっかしい感じはなく安定しているが、その分車体の向きを変えにくくなった。
そのため、ドライバーにはレコードラインをきっちりなぞっていくテクニックを要求される。
ブレーキング時に車体が安定するので、この点においては走らせやすくなったと言える。
ブレーキは若干効きも良くなったが過信してはいけない。早め早めのブレーキングが大切だ。

A2では中の上に位置し、スピードチャレンジで本領を発揮する。
サーキットのライン取りを研究する際に持ってこいといえる。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー