Counter
Total: -
Today: -
Yesterday: -
Top page total: -
Now viewing: - persons


GTAⅤ


crewについて



photo



TDU2


メニュー

+ ...


気軽にTalk!



Tips

・初心者脱出への道

・対人戦攻略(執筆中)



クラブメンバーによる

車種インプレ

+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...

新しい遊びを考える会

+ ...

リンク








※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dodge Viper SRT10


 加速: 87    スピード: 70    ブレーキ: 77

 最高出力: 648bhp/6100rpm    最大トルク: 759Nm/5000rpm

 駆動方式: FR

 0-100km/h加速: 3.50sec    最高速: 351km/h(351km/h)   { ※()内は実測値 }

 車重: 1484kg    パワーウェイトレシオ: 2.298kg/bhp

インプレ

Corvetteとともにアメリカを代表するスポーツカーとなったDodge Viper。
ワイド&ローでロングノーズ・ショートデッキなスタイリングはこの車ならでは。
カラーパターンでストライプを選択できる所もアメ車らしい。

搭載されるエンジンも強烈で、V10の8.3Lを積む。このエンジンはもともと同社のピックアップであるラムに搭載されていたものを
ランボルギーニが出力重視にチューンしたものである。車重は大排気量のエンジンを積むFRの割に軽く、1484kgしかない。

走りはどうだろうか。
加速はそこそこ良く気持ちよく吹け上がり、アメ車特有の低速トルクが太い感じはない。
シフトラグは若干あるが気になるほどではない。高速域の伸びも悪くなく、最高速までの到達時間は意外にも短い。
最高速はカタログスペック通り、351km/hを叩き出す。
ハンドリングは「おっとっと」という感じで、車の向きが変わるものの、車体が不安定になりやすい。
コーナー時に車体が傾いているときに余計なステアリング操作をしてしまうとふらつく原因となってしまうので
注意が必要である。むしろ、日頃からアクセルをオフにすると トラクション が抜けてしまうような車(Ariel Atom 500 V8等)
を運転している者にとっては扱いやすいと感じるかもしれない。
ブレーキは特に効きが悪いというわけではないがブレーキング時に姿勢を乱し易いので注意が必要である。
縁石にはのせない方が良い。トラクションが抜けきってしまうのだ。

A2カテゴリーでは中の下に位置する。不安定な挙動に怯えていては乗りこなせないのだ。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー