Counter
Total: -
Today: -
Yesterday: -
Top page total: -
Now viewing: - persons


GTAⅤ


crewについて



photo



TDU2


メニュー

+ ...


気軽にTalk!



Tips

・初心者脱出への道

・対人戦攻略(執筆中)



クラブメンバーによる

車種インプレ

+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...

新しい遊びを考える会

+ ...

リンク








※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ginetta F400


 加速: 88    スピード: 63    ブレーキ: 92

 最高出力: 442bhp/6500rpm    最大トルク: 529Nm/6000rpm

 駆動方式: MR

 0-100km/h加速: 3.40sec    最高速: 324km/h(329km/h)   { ※()内は実測値 }

 車重: 1004kg    パワーウェイトレシオ: 2.271kg/bhp

インプレ

前作をプレイしたことがある者なら、Farboud Supercharged GTS Prototype 2005を思い出すだろう。
本車とフォルムが瓜二つであるのだ。

詳細は割愛するとして、スペックを見ていこう。
加速。最高速、ブレーキの数値等を見る限り、ライバルはFerrari 458 ItaliaFerrari 430 Scuderia辺りになることが予想できる。
パワーはA2カテゴリーの中でも下位に位置するが、車重が1004kgしかなく、A2最軽量である。
そのため、パワーウエイトレシオではライバルに負けていないのだ。

肝心の走りはどうだろうか。
加速については、出だしは458 Italiaに負けてしまうものの200km/hを超えてからの加速はこちらの方が上で430 Scuderiaも上回る。
高速域でも加速がもたつくことがないのだ。458 Italia、430 Scuderiaのようにシフトラグが少なく、ダイレクトにギヤが繋がる感じはないものの、
シフトアップ後のメーターの回転数がパワーハンド内にあり、シフトアップが完了した瞬間から加速感がついてくるので
ドライバーは気持ちが良いと感じるだろう。数値的にも、カタログスペックの324km/hを上回り、329km/h(実測値)を叩き出す。

ハンドリングは安定感があり、430 Scuderiaみたく進入時の アンダーステア に悩まされることはないだろう。
だが、458 Italiaの様に立ち上がりの曲がりながらのアクセルオン時でコーナー内側に切り込んでいく感じにはならず、
プッシングアンダーが出ることもあるので、左足ブレーキや縁石をうまく利用したい。
(但し、縁石に乗せすぎると、まれに失速してしまうことがあるので注意が必要である。)
高速コーナーにおいては進入時のブレーキの踏み方次第で車速をのせていけられるため、決して苦手というわけではない。
ブレーキはスッと止まり、A2屈指のストッピングパワーを誇る。
ギャップ にはそこそこ強いといった感じか。

A2カテゴリーの中では中の上であり、ストップ&ゴーを繰り返し、コーナー直後にストレートがあるコースに適している。
3、4速からの加速に優れているので、そこをうまく生かしたい。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー