離職率


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブラック企業は短期離職率が非常に高くなります。

新入社員が「この会社ではやっていけそうもない」と感じることがその原因なのですが
例示すると

  • 会社の体質が超体育会系
営業会社にありがちなのですが、上には絶対服従で理不尽な命令が多く
いままで経験した企業での常識が一切通用しない、暴力や恫喝、暴言があるなど、
入った途端に異常を感じるケースです。

  • 洗脳研修がある
会社のいいなりになる人間を作るための研修が用意されていて、そこで精神論を徹底的に
叩きこまれたり、自己否定をされるなどカルト宗教顔負けの教育をされるケースです。


離職率が高い企業では、面接時に離職率の質問をすると途端に落とされたり、
露骨に面接官が嫌な顔をします。
「無理してウチに入ってこなくていいよ、ヤル気ない人はいらないし」などと言ってきたら
確実に離職率は高いと思っていいでしょう。

「うちは離職率が高い」と言ってきたり、上のような反応をしてきた場合は避けたほうが無難です。
逆に言えば面接時にこういった質問にも丁寧に答えてくれる企業が良い企業です。
たいていの応募者は悪いイメージを与えたくないためにこの質問は避ける傾向にあるようですが。