労働組合について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

労組については、御用組合であったり労組幹部が経営層とズブズブであったり
いろいろと問題のある企業が多いようですが、
真のブラック企業には そもそも組合はありません

組合を作ろうとする社員に対しては面と向かって退職を強要したり、
イジメやパワハラを行なって、結果的に退職に追い込みます。

仕方なく外部の組合に加入し、会社側と団交してもらう人もいますが、
そのうち会社にいられないほど強烈な嫌がらせをしてきます。

外部組合が労働基準局や監督署に訴えても、管轄場所の違いなどを理由にして
訴えの引き伸ばしをしてきたりして、費用と時間をかけさせ最終的にあきらめさせます。

きちんとした労組がある場合でも、第二組合以降の労組を乱立させたり
組合員を分散させて結局機能しないようにします。
最終的には会社側のいいなりの組合を作り出してうまく操ります。

搾取の構造を作り出すには、まず労働組合を作らせないこと。
すでに労組がある場合には、実質機能しないところまで持って行くこと。
これがブラック企業を運営していくための鉄則になっています。