サービス残業代を取り戻す方法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サービス残業をさせる企業はあとを絶ちません。

これは法律違反なので、訴えれば取り戻せる可能性があります。
そのためには実際の労働時間を書いたメモ、記録ノートなどを
会社のタイムカードなどとは別に保存しておき、
司法書士などに相談して、最終的に

  • 内容証明(専門家に書いてもらうのがいいが調べれば自分でも書ける)
  • 実際にもらった給与額(給与明細の類・残業時間が記載されているもの)
  • 本当に勤務した労働時間メモのコピー
  • 再計算した本当の給与(上の労働時間メモを元に計算したもの)

を会社に送ってみるなどの方法があります。
たいていの企業ならこれで正当な払うべき報酬を払うはずです。

しかし、ブラック企業の場合は「このように当社を脅してきた」と
後日あなたが転職活動で面接した会社に報告するかもしれません。
いまだに面接後、前職確認をする企業が多いのです。
このとき腹いせに悪い評判を流すこともあります。
ブラック企業とはそうしたものです。

労働基準局・監督署などに相談をしてみるのもいいのですが、
過去は効果てきめんであったこの方法も、今は企業側の反応が鈍化しています。
基本的に労基への通報は免許事業を行なっている業者にとても効き目があります。
役所ができる制裁の方法としては、免許取り消しや業務停止などの命令があるからです。