マップ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Blacklight:Retribution のマップ紹介。見出しのマップ名をクリックすると詳細ページが開きます。

Deadlock

低~中層市街地マップ。看板やちょうちんなど、全体的にアジアンテイストが漂う。

Piledriver

建設中のビルを中心としたマップ。ビル内は3階層でルートが多数あり、近接戦闘を中心とした多彩な戦術が取れる。また、ビルの外の3面が道路で囲まれており、中~長距離での撃ち合い・狙撃も発生する。

Heavy Metal

大きい建物と外周3辺の道で構成されるマップ。屋内戦闘では前後左右に気を付けないとあっという間に後ろに回り込まれるので注意。あと、ここで置いてあるハードスーツは使えないので無駄なことはしないように。

Vortex

割と広めのマップ。中~遠距離での戦闘が発生しやすい。上層マップでは前進後退のスナイプ合戦が良く行われる。

Vertigo

ビルの屋上マップ。上層と外周含め下層に分かれており上層では接近戦がメインになる。下層マップでは橋を挟んだ狙撃に注意。あと、外周の通気口上を渡る時はジャンプしないと落ちるのでこれも注意。

Containment

ショッピングモールのようなマップ。下層はごちゃごちゃしてるうえに広いので、上層で中~遠距離の撃ち合いが発生しやすい。

HeloDeck

狭いマップのため、大人数だとかなり慌しく戦闘が発生する。接敵がとにかく多いので、近距離戦やAIM練習にはもってこい。
それと狭いので、敵の真横で復活なんてこともあるので気を抜けない。

Offshore

海洋上の石油プットフォームのようなマップ。むき出しの鉄骨や金網が多いので、障害物越しの攻撃を上手く使いたい。
ゲームモード「NetWar」はこのマップのみでプレイ可能。(2012/8/19現在)

SeaPort

コンテナ集積所のような港のマップ。建物が複数あり、これを活用しての遠距離攻撃有用かもしれない。

Nuken

ゲームモード「Siege」専用マップ。(2012/8/19現在)
長い一本道で、上を不注意に歩くとBARで狙撃されることが多い。各所チェックポイントの特性を見極め、どう攻めるか/守るかが重要になる。

Evacuation

雨の市街地のマップ。
暗いのと視覚効果とで視認性が非常に悪い。
AMRと同時実装されただけあって遮蔽物が少なく開けた通路が多い。得物の射程で劣る場合は遠くのスナイパーと極力撃ち合わないように。

Decay

とても狭い路地のマップ。
HaloDeck以上に近い距離で撃ちあうことになると思われる。入り組んでいるのと敵が近すぎてHRVが使い辛いのとで地雷に要注意。Meleeも怖い。

Trench

工場?のマップ。広く、高低差があるものの通路は狭め。
マップの外から屋上に出られるGlitchがあり、心無いプレイヤーがよく利用していた。
ver1.100RC3にて、他のマップのGlitchと一緒にようやく潰された。

Metro

地下鉄のプラットフォームがモチーフの狭いマップ。
その狭さはプレイヤー二人が並んで通れないような通路が存在する程。
オブジェクトルールでの互いの目標地点も異常なまでに近く、
CTFや新ルールのSDをやると即決着なんてこともざら。

Safehold

こちらは地上の駅がモチーフになっている。
一段低くなった中央の広場を中心にかなり開けた構造になっていて、
高台からは殆どどこにでもスナイパーの射線が通るので危険。遮蔽物をうまく使うか地下通路を通りたい。
同時実装されたHeroのGhostを使ってくださいと言わんばかりのマップ
線路にある穴はそのまま地下通路に降りられるが、広場中央にある地割れ状の穴の方は落ちると即死するので要注意。

DropZone

Blacklight:Tango Downより引き継がれた中央の建造物を障害物が多々ある道が取り囲むマップ。
障害物は多いが後ろを取られやすいので注意。中央建物は特に激戦区となり、ここに陣取れると心強い。
狙撃できるポジションは限られてる上、障害物も多いのでそれを踏まえた装備で挑むのが望ましい。

Slumlord

DropZoneと同じくBlacklight:Tango Downより引き継がれたスラム街マップ。
中央の建物は小さく入り組んでいるのでショートレンジで大混戦必至。

Centre

Onslaught専用。封鎖された市街地のマップ

具体的にどういう目に遭うかはゲームモードを参照してほしい。
この手のゲームの常として、狭い通路や角には極力留まらない方がいいだろう
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル