ハードスーツ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 


概要

すべてのプレイヤーが最初から使用することが出来る二足歩行ロボット
使用する際は、DEPOTから1300CPで、
HS01a Hardsuitを購入する必要がある。
購入後は、ハードスーツを出現させてたい位置の地面に向け、3秒間照射し、照射数秒後に上空からハードスーツが落ちてくるので、Eキー(デフォルト)で搭乗する。
もちろん、途中で降りることも可能。
呼び出す際の注意として、照射地点上空を遮るものがないこと照射地点が狭過ぎないこと照射中に味方が横切らないことである。特に「上空を遮るもの」は屋根はもちろんのこと、配管や橋などもアウトなので注意すること。どれかひとつにより呼び出しが中断された際は、
HS01a Hardsuitのディスプレイが赤くなるので、改めて呼び出しを行う必要がある。
アーマー値が15000もあり、武器も高威力なので、対歩兵としては非常に強力な兵器である。
一方、ハードスーツに搭乗した際の制限として、HRVが使用できなくなる。もし、使用したい場合には、一旦降りて確認する必要がある。
アーマー値が15000と非常に高く感じられるが、DEPOTで買える
RL5 Armor Stinger2発で全快から破壊される他、同じくDEPOTで買えるFT18 Flamethrowerで一定時間攻撃されると搭乗者のみを倒すことができ、一定時間アクションを行うことでハードスーツを奪うことができるので、運用には十分注意しよう。
また、同チーム内でも他人のハードスーツに搭乗するには一定時間「使う」を行う必要がある。
また、照射後の落下までに敵に倒された場合には奪われる可能性もあるので、呼び出す際は周囲の状況も確認しよう。
運用としては、できるだけ味方と歩調を合わせ、死角から来る敵の火炎放射を始末してもらうなど最低限奪われないことが重要である。


基本性能

・アーマー値
いわゆるHPであり、起動時は15000。
Repair Toolで修理してもらった際、15000以上上回る。
受けるダメージは、歩兵時と基本変わらない。

・ミニガン
 発射までに少し遅延が発生するが、高速レートで弾をば発射することができ、数発で倒せる威力も持つので
運用時の基本武器になるだろう。集弾率はよくはないが、その分高レートで発射するので、部位を考えず敵に向けるだけで簡単に倒せるだろう。弾数は600発。リロードには時間がかかるので残弾には少し気をつけよう。

・レールガン
どの部位でも即死する弾を即着弾で発射することができる一撃必殺武器。言ってしまえば、

アンチマテリアルライフルを短時間で撃つことができる武装である。狙った位置に飛んでいき、発射する弾も当たり判定もやや大きい。遠距離でも近距離でも使えるであろう。弾数は60発。

・アフターバーナー
一定時間、高速で直線移動することが出来る。一度発動すると移動距離にかかわらずブーストゲージを使い切ってしまい、ある程度補充されるまでは再発動できなくなる。
少しでも障害物に当たると硬直するので、狭い通路では多様しないほうがいいだろう。
硬直時は、視点移動以外の行動は一切行えず、また、視点移動も前方斜めまでしか見れない。
ブーストゲージの表示はレールガン残弾数表示の更に右側。
因みに、発動中に後ろに敵がいた場合、焼死させることが出来る。


対処法
概要にもあるように、RL5 Armor Stingerを2発(HP15000の場合)当てることで、簡単に撃破することが可能である。RL5 Armor Stingerは400CPで購入できる上、初期状態であれば、初心者でも扱える。
多少リスクは伴うが、見返りが大きい方法として、FT18 Flamethrowerを使用して搭乗者のみを倒す方法がある。FT18 Flamethrowerは、350CPで購入することができ、ハードスーツの背後から攻撃するか角で待ち伏せするなどの奇襲を行うことでハードスーツからの反撃を受ける可能性が低くなる。ただし、随伴兵がいる可能性があるので注意。搭乗者のみ倒すことができれば、一定時間、「使う」(デフォルトでEキー)を行うことで奪取できる。もちろん、奪取最中は無防備なので注意。
搭乗者を倒すだけの別の方法として、火炎効果を与える特殊弾薬を使用することで搭乗者のみを倒すこともできる。
ハードスーツには弱点部位が存在し、HRV使用時に紫色に光る部分が該当部位である。弱点部位に与えるダメージは通常の10倍であり、AMRであれば2発で撃破することもできるので、通常兵装であれば積極的に狙うほうがよいであろう。


小ネタ

ハードスーツ用のエモーションがあり、その場でうれしそうに足踏みをするという行動をする。
射撃を行うことでキャンセルが可能ではあるが、動きが完全に止まるので注意

 

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル