廃都 ウル

廃都ウル

シュメール大通りから夕陽を望む
製作者:Waffle0608  ワープ: /w ruin

概要

廃都ウル (日本語:はいとウル 英語:Old Capital Uru 中国語:古都乌尔)とは、旧えきぞ最大級の都市遺跡群を指す。
W6最大の都市レイクランドと川を挟んで存在し、文明崩壊後もほぼ人の手が入らないまま現存している。

廃都ウル観光

文明崩壊後、かつての繁栄の痕跡を残したまま風化したこの遺跡は廃墟マニアにとっては何としても足を踏み入れてみたいスポットである。野良化した粉挽き所の小麦、間取りを残して朽ち果てた民家、チェストに残る食べ物、墓場の埋葬の痕跡などなど、時の流れの残酷さとノスタルジーに浸ることができる。
しかしながら、足場は非常に悪く所々陥没・水没しており植物に視界を遮られて転倒事故を起こす観光者が続出している。夜にはモンスターが大量に沸くのである程度の自衛用の武装を強く推奨。
新大陸に踏み入れた探検家のような気持ちでこの遺跡を探索してもよし、夜に単身突撃してモンスターと地形を生かした戦闘をしたり、ただただ雰囲気を楽しんだりと十人十色の楽しみ方ができます。
ウルを横断する小さな川。 ウルは長い時間の流れで自然に回帰しつつあり、1300年後には完全に消滅してしまうらしい。

巫女の祠

よく当観光局に寄せられる巫女顔を3つ以上目にしたものは呪われるという「巫女の祠の呪い」についてですが、そのような事実は一切認められませんのでご安心ください。
原初火の日、大巫女は古の地、ヱキゾに自らの面を象った五つ子の使途を賜った。それぞれ火、土、水、光、闇を司る五つ子たちはヱキゾの大地に根を下ろし、汝らの良き護り火となるであろう。子らよ、護り火の元で種を撒き、子を産み、大巫女を讃えよ。子らよ、決して護り火の炎を手に取ってはならない。大巫女はそれら祠の炎を手に取ろうとした者を呪うであろう。決して五つ子を探そうとしてはならない。
これは現地に伝わる信仰の一説であり、お客様の旅の安全には全く影響ございません。
大巫女はそれら祠の炎を手に取ろうとした者を呪うであろう。 Photo by kirishima


Twitter