指南書2

にゃんこ(nyankozero)氏流BCW指南メモ

[必読]
  • 備忘録なので若干の誤表記や異なる場合があります。
  • 詳しい話はにゃんこ氏に直接聞いたほうが良いでしょう。

[基本編]
  • 基本は挨拶から、挨拶大事。
  • 「W」キー(前進)の配分に気をつける
  • ダッシュしすぎでの入れちがいはBAD
  • ジャンプ攻撃でのクリティカルは有効、ただしジャンプ中にカウンターをされないように。相手を見る余裕がある場合以外は控えたほうが吉
  • 背中を見せて逃げない、走ってなんてもってのほか。HP0.5差で勝つときの最終手段として使う。
  • HP管理はしっかりと
  • 押されてしまった場合はフェイントを仕掛ける(前進で牽制からの左右移動)
  • 左右からの攻撃は必須スキル。
  • BCW強選手は乱打に弱いので一発を必ず決めていく。むだなパンチはかまさない。

[フェイント編]
1.敵の攻撃を一発くらう
2.瞬間斜め前(WAないしWD)にキーを入れ空中で回り込みながら二発
3.相手の横に着地し、相手の視界から消える。
※だいたいHP差1.0-0.5で勝てる可能性大
※視界MAXユーザーにはほぼ意味なし
※ジャンプする時は相手の攻撃を食らう直前にする、そうでないと飛距離が足りずそのまま乱打コンボにもってかれる恐れも
※タイミングは心で感じろ!

[乱打対策編]
1.フェイント編の方法を使う(ただし対視界MAXには・・・)
2.W連打(ダッシュ攻撃)を確実に決める、最初のW連の一撃で試合が決まると行っても過言ではない。W押しっぱはあまり良くない
→ただしW押しっぱだと駄目というわけでなく戦法が良ければ勝てる
3.連打の速度を早める(ようはゴリ押し、全盛期のにゃんこ氏で22打/s)

[ラグ編]
  • 乱打でもゲームの性質上ラグやクールタイムがあるのでW連打攻撃の瞬間にどれだけ最高速で出せるかが重要

[にゃんこ氏のBCW考察編]
  • 以上のことを極めすぎると骨折する可能性もある諸刃の剣
  • これからはテクニックの時代
  • 自己流の戦法を作りBCWの時代を生き抜け!

Twitter