ArmorStandEditor

ArmorStandEditorとは?
アーマースタンドをいろいろいじれるプラグインである.

手順
  1. 本の先頭に [ArmorStand] と書き込む
  2. 本に色々なパラメータを書き込む
  3. 本を持ってアーマースタンドに向かって右クリックor 左クリック

tips
  • 本は署名しなくても構いません(署名してポーズを配ったりも!?)
  • メモ帳とコピーアンドペーストを駆使すると楽に調整できる!?(おい
  • 腕やからだの向きなどに入力する角度は0~360の数値で調整します(マイナスの値も使用可)
  • 本の2ページ目以降に記載してもアマスタに反映されます、後述の透明化したい部位を2ページ目以降に記載しておくと編集がしやすいです。

現在試験導入中

作成例


各パラメータ
rotation:θ アーマースタンドの向き
nogravity:on,off 重力を無視するかどうか(水流の影響も受けなくなります)
nobaseplate:on,off 下の板を消すかどうか
name:n 名前
small:on,off 小さくするかどうか
arm:on,off 腕を表示するかどうか(このパラメータがなくてもrightarmなど、腕の角度の設定があれば自動で腕は表示されます)
head:[x,y,z] 頭の向き
body:[x,y,z] 上半身の向き
rightarm:[x,y,z] 右腕の向き
leftarm:[x,y,z] 左腕の向き
rightleg:[x,y,z] 右足の向き
leftleg:[x,y,z] 左足の向き
move:[x,y,z] アーマースタンドを現在の場所を基準に指定された数値だけ移動させる(10m以内の移動制限あり)
1で1m(ブロック1つ分)
equipment:true アーマースタンドと自分の装備を交換します

※角度指定の数値には小尾にfを付けてあっても問題ない。

コマンド
/bookclear 手に持っている本の中身を削除(本と羽ペンのみ可)

記述のしかた


まず、最初の一行目に宣言として必ず

[ArmorStand]

と入力する。
以降は設定をしたい各パラメータを入力する。
パラメータを追加する際は必ず改行すること。
x,y,zなどの数値の区切りには「,」を用いる。


注意:例1のように、名前にminecraftの舗装コードを使用する場合はnameパラメータを必ず一番下に記述すること。 もし上に記述してしまった場合、下の行にあるパラメータからエラーが返されてしまう。

各種部位の透明化

腕や足、胴などの角度指定で、x,y,zのいずれか一つに1000000000000000000000000000000000000000と指定することで、指定した部位を表示させなくすることが可能。ただしアイテムなどを装備させている場合、それも一緒に消えてしまうので注意。
(オーバーフローによるバグと考えられる)
本ページは未完成

Twitter