トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以前、勤めていた会社の得意先の御主人が、ハゲていた。
前頭部ではなく、後頭部。
いわゆる、アタマのてっぺん。

けど、他人からは、全然、わかんなかった。


それは、なぜか。


その御主人、後頭部に 「黒いスプレー」 を毎日、ふりかけていたそうな。
「元々ある髪の毛」と馴染んで、毛があるように見えるらしい。
本人曰く、スプレーをしないと「河童の皿」のようだ、ということ。


これ、随分、昔の話なんだけど、
今は良いカツラだとか、ウイッグだとかあるんだろうけど、
昔は良いのがなかったんだよ。
あっても、とても高価だったりね。

人毛のカツラなんかもあったんだよ。
今じゃ、信じない人もいるかもしれないけど。
人毛って、昔の人毛は「死体」から取ったんだよ。
今は、違うんだろうけどさ。

もっとも、「人毛のカツラ」ってのは、
病気や治療の薬のために髪の毛が、
全部抜けてしまった人のためのものだったんだけどね。

当時のレベルでは、「本物の髪の毛の色つや」を再現する技術がなかったんだろうね。


で。

「黒いスプレー」の御主人だけど、
その話を聞いた当時は、自分としては、
「なにも、そこまでしなくてもなぁ」と思ったりしたんだけど、
今は、ちょっと気持ちがわかるかな。

でも、毎日のことだから、大変。
毎朝、スプレーしなきゃなんないし。
雨に濡れたりしても、大丈夫だったのかな?

でもさ。
女性の人だって、胸の小さい人とかで、
自分の胸を大きく見せるために、
脇の肉や腹の肉まで、ぐぐ~っ、と寄せてきて、
ブラジャーの中に押し寄せるように入れて、胸を大きくみせたりして。
すごい努力というか、苦労というか、している人もいるし。

そう考えたら、男も女も同じなのかもしれないね。


しかしまあ、男にしろ、女にしろ、
そんなことするエネルギーをもっと他のことに使っていたら・・・・・
「ちょっとした一財産」くらいできてるかもね。


あはは~。

って、人のこと言える立場じゃないけどさ。


育毛と薄毛|コルヒチン




リンク集|1
2
3
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|