※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ちょっ、何すんのよアンタ!」
「ん?だって男なら誰でもいいんだべ?」
「違うよ!十神と寝たのも、苗木と寝たのも、子供が出来たのも、全部無理矢理なんだって!」
「俺は無理矢理してねーって!」
「今の状況は無理矢理でしょ!」
「じゃ、逆にどうしたら無理矢理じゃなくなんだ?」
「…へっ?」
「だってよ、オメーは俺のやり方を無理矢理っつーんだべ?そしたら何したら無理矢理じゃなくなんだ?」
「や、それはさぁ…」
「言ってくれねーとわかんねーって」
「……………」
「どうなんだべ」
「…………しく」
「ん?」
「優しくしてくれないと…イヤだ…さくらちゃんにも…怒られるし…」
「今までの奴らはどうなんだべ」
「多分、怒られてる」
「えぇー…」
「私、十神の時もそうなんだけど…分かんないんだよね。その…気持ちいい?って言うの」
「苗木っちは気持ちよくしてくれてたんでないんかい?」
「…全然。イヤだ、って気持ちが先走っちゃってさ」
「………んー………ここ触られたりしたら、何か思わねーの?」
「ちょっと!何で胸触ってんの?!」
「どーなんだべ?」
「やっ…な、くすぐったいよッ」
「くすぐったいだけかいな?」
「変な感じがするから!止めて!」
「ん?なーんか朝日奈っち、乳首立ってんべ」
「ち…くび…?!」
「いやいやいや流石に乳首くらい知ってんべ?」
「やぁっ…で、も…なんか…へんなかんじ…」

「どーだべ?ここ、触られると」
「やぁ…ッ、だから!へんなかんじするって!」
「変な感じってなんなん?こんなかっちかちにしといて、変な感じの一点張りは流石にねーべ」
「分かんない…っあ?!」
「ん?どした?」
「今、びりびりってしたよ…」
「んん?びりびり?それじゃわかんねーべ」
「何で分かんないの…?」
「男と女は違うんだぞ?朝日奈っち。体の仕組みっつーか、感じ方も違うんだべ」
「…へ?そう…なの?」
「そうだべ。だから、びりびりじゃ俺は分からん」
「………むーん、触られると体がびくっ!ってなってね、こう…むずむずしてくるんだよ」
「…なるほどな」
「な、何よ葉隠…アンタにしては珍しく真面目な顔しちゃって…」
「朝日奈っち。俺の占いによると、右の乳首の方が敏感と出てるべ」
「それ占い関係なくない?!」
「アッハッハ!とりあえず試してみるべ!」
「とりあえずじゃないよ…ッ!?」
「こっちはこんな感じか?そんでこっちは…」
「ひゃあッ!?」
「…どうだ!俺の占いは3割当たる!」
「だっ…から、占い関係…ないって…、触るの止めなさいよッ…!」
「アッハッハ!どうだ?オメーよりも大人のお兄さんに乳首弄られるのは!」
「ふぇ…っ、も、やめ…て…」
「………………」
「ッ! ハァ…ハァ…、止めて…くれた、の…?」
「だべ。朝日奈っちがほんとにヤじゃねーならまだすんだけどよ」
「何葉隠のくせに空気読んでんのよ…」
「俺だって空気くらい感じ取れるべ。今のは寸止めろと言う空気がビンビンだったべ。ちなみに俺のここもビンビ」
「ちょっ…!何自然な流れで脱ごうとしてんの!」
「ん?ダメなんかいな?」
「…うう…あの、さ、葉隠…」
「…なんだべ」
「さっきの…とこ…触ってほしいな」
「………へ?」
「あのさ!やっぱ、今まで感じた事ない感じがしたんだって!だから…」
「…ほんとに、いいんかい?」
「う、うん…私、もっと…大人になりたいから…」
「………やれやれ、俺がエスコートしてやんべ、朝日奈っち」
「相手がアンタってのが残念だけど」
「何だべそれ!ヒデーぞ!…とりあえず、服…」
「…うん、脱ぐ、から…」

「うおっ…、ずっと巨乳だ巨乳だとは思ってたけどよ、ナマで見るとまたデカさもひとしおだな」
「~~~~ッ!」
「ほれ、隠してたら触れねーべ?」
「…うう、やっぱ恥ずかしい、かな」
「誰だってそう言うもんだべ。みんな最初は恥ずかしいんだぞ」
「って言いながら何でアンタまで脱いでん…ひっ!」
「あん?」
「ちょっと…あ、アンタ何よそれ…その…こ、こ…」
「俺のこのイチモツがどうしたべ」
「いや、………デカすぎでしょ!」
「あ?ああ…アッハッハ!十神っちも苗木っちもちっさかったんかいな?」
「あいつらには悪いけどさ…比べもんにならないくらいデカいよ、葉隠」
「これも日頃の修行の賜物だべ」
「何の修行してんのよアンタ!?」
「そんな事言ってる場合じゃねーべ。実際、俺はだいぶ我慢した方だと思うべ」
「…アンタにしては、ね」
「さっきみたいに、まず乳首を触るからな?オメーの敏感な右乳首を」
「アンタ今とんでもなく恥ずかしいセリフ言ってるわよ」
「知ってるべ。リアルな話、こう言う時のセリフは何言ったって恥ずかしいもんなんだ」
「…んっ、あ…やっぱ、くすぐったいって言うか…」
「最初は『へんなかんじ』がすると思うべ。今まで感じた事のねーもんだから、へんなかんじだと思うかもしれんけど…」
「…ぅ…んあっ!」
「お?」
「あっ、あ…ん…こ、え…我慢出来なぁっ!」
「その感じが、気持ちいいって事なんじゃねーの?」
「そ…、なの?っ…これ…、ふぁ…きもちい…あっ!」
「やっぱりかわいーべ、朝日奈っち」
「やぁ…っ、あ、んたに言われ…てもっ!嬉し…くな…あっ!?」
「………」
「ーーんぅ…ん、ん!んんっ!んぅぅ!」
「…ふぅー…三途の川が見えたべ…」
「はがくれぇっ!いきなりキスしないでよぉ……っ!」
「口を塞いでから乳首を思いっきり弄んでやったべ」
「ひゃ、うっ!…あ、なんかお腹の底が…じんじん…してきたよ…?」
「朝日奈っちの体が気持ちよくなってる証拠だべ」
「そうなの?…っあ、ああああっ!やだっ、乳首ナメ…ないで!や、ひっ…あ…」
「ふぇ?」
「さっきまで…空気読んでたんっ…じゃ…、やぁ…ッ…あ、あっ…ヤだ、何か変になるっ!ヤだっ!葉隠ぇ…んっ!」
「このまま乳首ナメてたらイケそうだべ、朝日奈っち!乳首でイくのはレベル高いぞ!」
「ん、ひぅっ…あ、や、は…っ!葉隠っ…!あ、あたし…あたしも、う…っぁぁぁああああ!!」


「…………」
「…………ぅ……」
「……大丈夫か?」
「ぅ…ハァ…ハァ……うん…」
「…朝日奈っちの下、準備万端になってんべ」
「…あんたの…イ…チモツも…でしょ」
「こればっかりは隠せねーべ。」
「………どうしたらいいの、私」
「へ?」
「アンタのも触んないと…フェアじゃない、でしょ」
「それはあれか?そのー…スポーツサンセットとかってヤツ…」
「…何と間違えてんの?スポーツマンシップ?」


「多分それだべ」
「イヤ、性行為にスポーツマンシップもへったくれもないと思うんだけど」
「…これは一本取られたんか?」
「取ったつもりないよ、私…」
「で、どうしたらいいかって質問なんだがよ」
「…うん」
「この俺のイチモツをだな、オメーのおっぱいに挟んでいただきたいべ」
「……………」
「俺のイチモツを」
「聞こえてたよ!恥ずかしいから何回も言わないで!」
「へ?…やっぱ恥ずかしいんか?今まで何回もあのふたりとはしてきたのに?」
「何回もしてない!それにさっきも言ったけど、あのふたりには無理矢理やられたの!」
「全く、子供は自分よがりな性行為しか知らんべ…性の乱れがこんな学園にまで蔓延っていたとはな」
「急に大人ぶるの止めなさいよ…」
「だって俺リアルな話、成人してるし」
「……はいはい……で?挟めばいいの?」
「おお…朝日奈っちがやけに素直だべ…そうだな、俺がベッドに仰向けに寝た方がやりやすいべ?」
「うーん…やった事ないからわかんないけど…うん、その方がやりやすそうだよ」
「ま、ものは試しにだ、それに朝日奈っちの運勢に、一度チャレンジするが吉と出てるべ」
「口から出任せ言わないでよ、葉隠」
「…ははは、すいません…」

「えーっと…これ、でいいんだよね?体勢的には」
「こっから見るとスゲー映像だべ…俺の愚息が朝日奈っちの巨乳に包まれてんべ。上目遣いの朝日奈っちもなかなか…」
「なによ…もう…」
「ちょちょちょっ!いきなり動くなっての!」
「さっきのお返しだよ!こうされたらきもちいんでしょ?男の子ってさ!」
「うぅ…は、反論が出来ん…」
「ウィークポイント丸出しでよく余裕保ててたよね、アンタのくせしてさ」
「もしかして朝日奈っちって、S?」
「………」
「……っ!?だっ、からいきなり動くんじゃ…」
「…あ、そうだ!」
「あ?まだ何かあんのかいな?」
「こないだランドリーにあった雑誌に書いてあった事、試していい?」
「何読んでんだべ、朝日奈っち!」
「……アンタに教えるわけないじゃん」
「うおおあ?!パイズリしながらフェラとかオメー…ッ、さすがの俺でも…ううっ…」
「ふぉーお?ふぉれ、ひもひいれひょ」
「喋んな喋んな!先端に先制攻撃してんじゃねーって!」
「ぷへ…っ…アンタ、もう何か出て来てるよ?こんなにされてもう気持ちよくなってんだ?」
「……うう…今までリードしてたのに…」
「ねー、葉隠?答えてよ?どーなの?あたしにこんな事されてさ」
「………はい、気持ちいいです…」
「…えへへー!」
「ああくそかわいいべ!んで何でそんなにパイズリもフェラもうめーんだべ!…はっ、まさかあいつら相手に」
「試してないよ」
「へっ?」
「これはお返しだからさ、アンタに」
「…あ、朝日奈っち…まさかとは思うけどよぉ…」
「よーし、それじゃ!このバイキングソーセージを食べちゃうからね!」
「卑猥!朝日奈っち、今最高に卑猥だべ!」

「またびくびくしはじめた!あのさ、何で男の子のこれってそんなにびくびくするの?」
「い、いやそりゃーよ、血管もたくさんあるし…何より、」
「何より?」
「………気持ちいいからだべ」
「…えへへ、そう聞いたらますます興味湧いちゃった」
「っ?!」
「先走りって言うんでしょ?この透明のやつ。これ使って…うわ、ぬるぬる」
「あ、ああ…っ」
「挟んで…先端を咥えると、男の子ってすぐイっちゃう、って本に書いてあったんだよねー」
「…無邪気な顔してなんつーセリフを…ほんとに何の本読んだんだべ」
「うるさいなー。でも、これはほんと、今日はありがとう!って事だから。お返しだから、ね」
「………っ?!あ、朝日奈っち!そんないきなり先端ナメんなっての!」
「んふふふふ」
「あいつら…こんな子と…何回もしてたんか…」
「ふぃもふぃむぃ?」
「今まで自慰で我慢してた俺の気持ちにもなれっての…」
「むふふふふ、ふーん?」
「………あのよぉ…あさ…ひなっち…」
「んんん?」
「…こんな事…言うと、オメーには…イヤーなレッテル…貼られ…そうなんだ…が…よ…」
「ん?もふふふへ?」
「実はもう俺、……割と…げんか…い………」
「むふむふむふ」
「んあッ?!何言ってっか…わっ…かんねー…って……ぁ…で、……でる……ッ!」
「んんんっ?!!」

「ほんとすいませんでした」
「もう…ほんとだよ!すっごいいっぱい出て来たから、窒息するかと思ったじゃん!」
「いやー、ははは…まさか生身の人間とヤるとこんなにも興奮するもんだったとはなー、久し振りにビンビン来てたべ」
「………何だ、童貞じゃなかったんだ」
「オメーなぁ…」
「…………あのさ葉隠」
「ん、どした今になって、急に真面目な顔になってんぞ」
「アンタとだったら…無理矢理じゃなく、最後まで出来る気がするんだ。だから…」
「…まさかそれって…」
「それに!さ、ここで暮らすなら子供作らないといけないでしょ?苗木の子も、十神の子もいるし、あとはアンタだけなの」
「…朝日奈っち」
「…いいよ…葵で」
「………葵っち」
「何今更恥ずかしがってんの?女の子の前で全裸って方が恥ずかしくない?」
「そこはオメーも全裸だから…」
「あ…」
「………」

「………しよう?康比呂」

「~~~!あ、葵っち!いきなり名前の呼び捨てはレベルたけーべ!ドキッとしたべ!!」
「えへへへ、いつかやってみたかったんだよねー。まあ、アンタも喜んでるし…」
「うぉっ!?」
「ここもまたカチカチになってるから、その反応も嘘じゃないみたいだし」
「………いいんか?俺と子供作って」
「今更聞く事?私がしたいって言ってるんだから、いいの」
「…葵っち…」

「…もっかいだけ確認すっけどよ」
「………いいよ、康比呂」
「……分かった。もう聞かんべ。その代わり、かわいい子を産めよ、葵っち」
「…………うん……!」


「そんじゃ…これ言わんといけない気がするんで言っておくか」
「へ?何が?」
「葵っちの鞘に---模擬刀の先制攻撃だべ!」
「っあ?!ちょっと!変な事言わないで…よ…ッ」
「くぅう…ふたりも子供産んでおいてこの締まり方、さすがアスリートだべ」
「それっ…かんけーあんの…っ?」
「ケツの筋肉が締まってる人は、膣の締まりもいいって聞いたべ」
「……それ何情報?」
「……ランドリーの本」
「やっぱり…っあ…お、っきい…の、入って…」
「………大丈夫か?」
「………うん……あたしなら…大丈夫……だから……動いて、いいよ…?」
「葵っち……、じゃ…行くぞ?」
「うん、うん…来て、気持ちいいって事、教えて?康比呂…っ」
「やっぱドキッとすんべ…まずはゆっくり動くからな」
「んっ…中で、抜かれ、…あ、う、ごい…」
「あいつらの事だべ、きっとここでむちゃくちゃに動いたんだろ?」
「…そ、うなの…痛かった…痛かったよぉ…っ」
「今はどーだべ?」
「いた…くない、むしろ…何かっ、奥の方に当たって…んぅ…っ」
「気持ちいい、って感じすっか?」
「…う、ん……」
「うぉあ!?ちょ、急にきゅっと締めんなって!」
「ひゃっ、で、も…分かんな…いよ…あたし、何もして…ない…のっ」
「そっか…でも、葵っちが気持ちいいんならそれでよかったべ…」
「な、何優しさ見せてんのよぉ、ばかのくせにぃ…」
「…バカでもいいべ、オメーが気持ちいいんなら」
「アンタって、さ…」
「…ん?」
「すぐ…よく分かんない事言うよね…」
「俺としては意味ある事言ってるつもりなんだけども」
「えへへ…でも、そう言うとこ、嫌いじゃないよ…」
「葵っち………」
「…もっと激しくしても、いいよ」
「…そうか?そんじゃ、お言葉に甘えて」
「んっ!ぁ……そ、こ!なんか、変な感じする…っ!」
「ここか?」
「や、っあ!ぐりぐりしないで…!」
「もしかすっと、葵っちのいいところを見つけたかもしれんべ」
「ひぐっ!あ、呼吸…へんになる…ぅあ…んぅっ!」
「気持ちいいんだべ?」
「そ、かも…しれな、あァッ!」
「っつう、きゅーっと締まってるべ…オメー…俺の事仕留める気なんか…?」
「し…とめるって…何さ…!あ…ぁたしは…あん…たと…!」
「…分かってるっての」
「や…んぅ……やす…ひろっ…」
「葵っち…葵っち…、俺……もう無理だべ…」
「あ、た…しも…、やすひろぉ…ッ!」
「出すべ…!葵っち…中に…出すべ…!」
「や…すひ…ろ…!…っああああっ!」
「~~~ッ!!」
「んぁああああっ!!」

「………葵っち…」
「かわいい子供…生まれると…いいね、康比呂…」






「と言う本を書いてみたのですが」
「ちょっと!何変な本書いてんの!」
「やはり朝日奈葵殿のスペックからして様々な男に抱かれている、という設定がいいかと思ったのですよ、僕は」
「僕は(キリッ)じゃないよ!何で相手が葉隠なの?!」
「そんな言い方すんなって朝日奈っち…傷付くべ…」
「それなんですが…基本的に残念な男子、即ちザンメンな葉隠康比呂殿が朝日奈葵殿を抱く、と言うのが今回のコンセプトなのです」
「つまり?」
「どんな男でも頑張ればいい女を抱ける、と言う事をテーマにしたのが今回でして…」
「なんつー鬼の所行だべ!山田っちのこうげきが俺と朝日奈っちにこうかはばつぐんだ!べ!」
「とりあえずその本燃やしちゃおうよ、葉隠!」
「んだな。それにそれ見つかったら、オーガに何されっか分かんねーし…」
「我ならここにいるぞ」
「ほーらオーガに見つかっ…えええ?!いつからいたん?!」
「『三途の川が』云々辺りからだが?」
「あ、さくらちゃん!聞いてよ、山田と葉隠がねー…」
「いやいやいや俺何にもしてねーべこれ完全にとばっちりぃぃぃ!!」
「拙者は何も悪い事はしてござらん(震え声)」
「………山田、葉隠………本物の三途の川を見せてやる」

「「おおおおおお助けええええ!!!」」
|