※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「何やってるんだ、桑田君!」
「あ? 何だ苗木か。見りゃわかんだろ、舞園ちゃんとらーぶらーぶしてるんだ。人の恋路は邪魔しないで、スルーするのが一番だぜ」
「それは違うよ! 世の中にはスルーしちゃいけない事だってあるんだ! 舞園さんから離れろ!」
「邪魔すんなっつってんだろうが、アホアホアホー!」
「桑田よ、人に乱暴をするという事は、自分が乱暴をされる覚悟もできていなければならないという事を、分かっておろうな?」
「…アポ?…な、なんでお前までいるんだよ…は、離せって…イヤだぁあああああああああああああああ!」
「…苗木君…どうしてここに…」
「たまたまボクと大神さんが通りかかったら、大神さんが妙な気配がするって言ったから…それより舞園さん、大丈夫?」
「はい、大丈夫…なわけないじゃないですか…」
「…ご、ごめん…!? ま、舞園さん…!?」
「…苗木君、私、怖かった…恥ずかしかった…だから…今起きた事、忘れさせて…ちゅぱ…」
「はむ、くちゅ…んん…はあ…ああ…」
「苗木君…好き…」
「ま、舞園さん…まずいよ、こんな事…」
「良いんです。私、苗木君にされるんなら、嫌じゃありませんから。それとも、私じゃ嫌ですか?」
「そ、そんな事は…(ああ…舞園さんのおっぱい、生で触ってる…気持ち良い…)」
「あんっ…んっ…そんなに…気持ち良いですか?…嬉しいです…あ…」
「こ、心読まないでよ…(うう…止めようとしても、気持ち良くて、手が勝手に動く…)」
「あふっ…エスパー…ですから…もっと…揉んで…はぁん…」
「あ、ああ…(柔らかくてあったかい…!? このキュッっとした感触は…まさか…)」
「ああっ! んんっ!…」
|