※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日向「あれ…今辺古山が入っていったのって…?」
七海「田中くんの部屋…と思うよ」
九頭龍「なんだって!?」
日向「どっから出てきたんだ九頭龍」
ソニア「人を寄せ付けるのがお嫌いな田中さんが辺古山さんを部屋に招き入れるなんて…何かあったのでしょうか?」
左右田「あっ、いたいた!ソニアさーん!」
七海「なんか次々に人が集まってきたね」
九頭龍「そんなことより、これはどういうことだ日向」
日向「いや、俺に聞かれても…」
七海「そういえば、私今朝田中くんと辺古山さんが話しているの見たよ」
ソニア「何て話してたかわかりますか?」
七海「んーとね…」

辺古山「田中、今日部屋に行ってもいいか?」
田中「ククク…貴様もすっかり俺様の秘めし魔界の力に取り込まれたようだな…」
辺古山「ああ、あれはすばらしい。気持ち良くて病みつきになりそうなんだ」
田中「構わん。来るがいい」

七海「…だったかな?」
花村「ンフフ…感じるよ…湧き上がる性の衝動を…」
日向「花村!?それはどういう…」
花村「やだなあ、日向くんたらとぼけちゃって。男女がこっそり会って個室でやることなんて決まってるじゃない。ズバリ、セックスだよ!欲望のままに男女がお互いを貪り合う愛の行為さ!」
九頭龍「花村!テキトーなこと言うんじゃねえ!ペコはあんな野郎にたぶらかさせるような女じゃねえ!」
ソニア「田中さんは淫らにそのような不健全な行いをする方じゃありません。左右田さんじゃないんですから」
左右田「ソニアさん俺のことそんな目で見てたんですか…?」

花村「どうかな?田中くんは奥手で、辺古山さんは身持ちが堅そうに見えるけど、そういう方が結構色々溜まってるんじゃないかなあ…?
なにしろ、辺古山さんは黒のTバックで田中くんはノーパンだからね。いざというときはそれはもう大胆にやっちゃうよ!」
九頭龍「んなわけあるか!それにTバックは俺がやめさせた!」
左右田「なんでお前がそんなこと知ってんだよ!」
ソニア「田中さんだってそうです。わたくしがお願いしたらパンツは履いて下さると約束して頂きました!」
左右田「ソニアさん!?」
七海「日向くん、これがNTRイベントってやつなのかな?」
日向「お前はそういうの知らなくていいぞ七海」
花村「でもあり得ない話じゃないと思わない?きっとこんな感じじゃないかな?」

田中「いつもの鷹の如く鋭き眼光はどうした、辺古山。すっかりメス猫の顔だな。ここか?ここがいいのか?」
辺古山「許してくれ田中…私はぼっちゃんを…
あっ…でも田中のは…ぼっちゃんのよりずっと大きくて…私の中で…ああん」
田中「フハハハハ!貴様はこの悪しき俺様に服従するメス猫となったのだ!さあ、もっとメス猫らしく鳴くがいい!」
辺古山「ああ…あん…」

花村「…なんてどう?」
九頭龍「田中あああ!アイツ許さねえ!」
ソニア「いけません!田中さん不健全です」
左右田「九頭龍なんだかんだでのせられてんじゃねーか!ソニアさんも落ち着いて下さい」
九頭龍「うるせー!今から田中の部屋に乗り込むぞ!」
ソニア「ええ、参りましょう。田中さんを取り戻さないと!」
左右田「あっ、待って下さい。ソニアさーん!」
花村「皆で乱交パーティだね!ぼくも混ぜて貰うよ!」
七海「なんかパーティで敵の城に乗り込むみたいでわくわくするね」
日向「え?俺達も行くのか?」

九頭龍「ゴルアアアア!ペコ無事か!」
ソニア「田中さん!」

田中「結界が破られただと…!馬鹿な!クッ…下界に毒され過ぎて俺様の力が弱っているというのか…」
辺古山「ぼっちゃん…?どうされましたか?」

九頭龍「いや、あのえーと…」
ソニア「これはその…」
七海「見たところ、辺古山さんが田中くんのハムスターを触らせて貰ってるだけ…と思うよ」
日向「いや、そこは断言していいぞ七海」
花村「なーんだ、やっぱりそうか。つまんないの」
左右田「お前わかってて言ってたのかよ!」

辺古山「申し訳ございません。道具の分際で自分の趣味嗜好のためにぼっちゃんを付き合わせるわけにはいかなくて…」
九頭龍「んなこと、気にすんな。今度からどんなことでもちゃんと俺に言えよ、ペコ」
辺古山「はい、ぼっちゃん」

ソニア「ずるいです。わたくしも四天王さんをモフモフしたいです」
田中「貴様も魔獣に魅せられし者か…いつでも来るがいい、ソニア」
ソニア「嬉しいです、田中さん」

七海「なんか解決したら眠くなってきちゃった…帰ろう、日向くん」
日向「じゃあ一緒に昼寝するか、七海」

花村「今回は残念だったけど、でもこういう青春イベントを乗り越えて結ばれた時の達成感ってのもいいよね。そしたら今度こそ皆でパーティしたいね。どう思う?左右田くん」
左右田「」

|