※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ちゅ・・・んっ・・・♪んむっ・・・」
彼女はオレのモノをしゃぶり、裏筋に沿い、舐めあげる。
そんな彼女の愛撫を続けているうちにそそり立っていくオレのモノ。
亀頭からはもう、すでに自分の分泌液が滴っていた。
「どうですかレオン君、上手になってますか?」
「ああ、最初よりすげー上手になってるぜ・・・」
そして、彼女はオレのモノを口に含む。
わざといやらしい音を立て、舌を動かしていく。
同時に彼女の手は袋を揉みしだくように愛撫する。
オレのモノは彼女の口内で次第に膨張し、血管を浮かび上がらせる。
「・・・うっ・・・出る・・・!」
押し寄せてくる快楽にオレは耐え切れず、白濁を彼女の口内にぶちまける。
彼女はわざと喉を鳴らすようにそれを飲み干す。

「ふふっ、レオン君のおち○ちん、出したばかりなのにまだ元気です♪」
出したばかりなのにオレのモノはまだ足りないと言わんばかりにそそり立っている。
「レオン君、お願い・・・もう限界です・・・来て・・・」
彼女は四つん這いになる。
「すげーびしょびしょじゃん、そんなにオレのチ○ポが欲しかった?」
オレはすでに濡れている彼女の性器に肉棒を焦らすように擦り付ける。
「そ、そんなに意地悪しないで・・・早くおち○ちんください・・・」
「自分からおねだりなんてさやかはエッチな娘だな。お望み通りぶち込んでやるよ」
オレは肉棒に彼女の愛液を擦り付け終わると、腰を前に突き出し一気に貫く。
「あぁぁっ!」
貫かれた途端、彼女は軽く絶頂した。
オレは軽く呼吸を整えると彼女を愛し始めた。

「はっ、はぁっ、あっ♪あんっ♪」
彼女が息を吐き出すと同時に内部は収縮を繰り返す。
それはオレに快楽をもたらし肉棒をより一層たぎらせる。
「あっ♪もっと・・・奥・・・来てっ・・・」
オレは激しく腰を打ちつけながら、彼女を貪り、攻め立てる。
そして手に力が込められ、彼女の腰を引き寄せて最奥を突いた。
肉同士がぶつかり合い、蜜と擦れる音が漏れ出す。
オレは彼女の尻肉を広げ、菊座に指を突き入れた。
「あぁっ♪おしりっ、拡げっ、ないでっ♪」
「何言ってんだよ、ケツ穴こんなにヒクついてる癖に」
彼女の菊座を攻め続けると同時に内部は痙攣を起こす。
「はぁんっ!イッちゃう、またイッちゃう!」
痙攣とともに彼女は限界を訴え始める。

「オ、オレも・・・イキそう・・・な、膣内・・・いい?」
「きょ、今日はっ、安全日っ、ですからっ」
彼女がそう答えた途端、オレは腰を動かす速度を速めた。
オレが彼女の最奥を強く突き上げた時、オレは二度目の絶頂を迎え、彼女の中に欲望を放つ。
「あぁあっ!?やぁっ♪あぁぁぁぁぁぁっ♪」
彼女が絶頂を迎えたと同時に彼女は一気に絶頂を迎える。
オレは彼女と共に余韻に酔いしれ、キスを交わした。




そして翌日―
「おはようございます桑田君っ!」
いつもの様に彼女はオレに挨拶をする。
「今日の掃除当番は私と桑田君ですよ!二人だけですけど頑張りましょうね!」
今日の彼女はなんか調子いいみたいだ。
|