※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は最低な女です。

この島に来てから、もう何十日経ったでしょうか。
突然始まった無人島でのサバイバルは、私にとって初めての経験でした。

「うっ!くぅんっ…!」

ドジでノロマな私は、迷惑を掛けてばかりで。
惨めで、泣いてばかりいました。

「あっ、やんっ!!」

それでも、私に優しくしてくれた男の人がいました。
日向 創くんです。

「あっ、やっ!やぁっ!くぅっ…!」

プレゼントを貰ったり、一緒に様々な場所で過ごしたり。
そんな事をしているうちに、私は日向くんの事を好きになっていました。

「ひ、ひなた、くぅんっ!やぁっ…!」

だから。
私は最低な女です。

「イっ…!くううううううぅぅっ!!!」

そんな彼の事を考えて。
淫らなオナニーに耽っているのだから。



自慰の後は、罪悪感で押しつぶされそうになります。
あんなに優しくしてくれる彼を、妄想の道具にしている訳ですから。
「だって……」
日向さんみたいな人が、私なんかと一緒になっていい訳がありませんよね。
そう口に出そうとして、涙が出そうになって、やめました。
そのままフラフラと立ち上がって、私はシャワーを浴びる事にしました。

私の身体を、水が伝います。
汚れを落とすように、私はゴシゴシと身体を擦ります。
そんな事をしたって、汚れた心が洗われる訳ではないのに。

「……」

手で身体を擦りながら、考えます。
もしも。
もしもこの手が、日向くんのものだったら。
ぼうっとしながら、そんな事を妄想します。
「……」
日向くんの手で、私に触れてもらいたい。
色々な所を、私の全てを撫で回してもらいたい。
そんな事を考えながら、私は半ば無意識に、自分の秘部へと手を伸ばしていました。

くちゅり。
さっきあれだけ自慰に耽っていた筈なのに、私のアソコはまた濡れていました。

「日向、さん……っ!」

どこまでも淫らな自分に嫌気が差してきます。
だけど、そんな事を考えながらも、身体は反応しています。

くち、くち、と、淫らな音が響きます。
ごめんなさい。本当にどうしようもないメスブタで、ごめんなさい。
淫らに自慰に耽る私の姿を日向さんが見たら、どう思うのでしょうか。
見下すのでしょうか。優しく慰めてくれるのでしょうか。それとも――

『罪木、お前は本当に淫らなメスブタだな』

「…っ!はぁっ…!」
日向さんに、そんな言葉を浴びせられる。
そんな事を考えただけで、私の身体は、じんと熱くなります。

「日向さんっ…も、もっと…!」

もっともっと強い刺激が欲しい。
そう考えた私は、一度、シャワールームから出ることにしました。


再びシャワールームに戻った私はまず、油性ペンを手に取りました。
そして鏡の前に立ち、ペンを身体に走らせます。

『淫乱』『メスブタ』『性奴隷』

思いつく限りの下品で汚らしい言葉を、自分の身体に書き殴ります。
日向さんに、書かれていることを妄想しながら。

『俺の奴隷にはお似合いの言葉だな、罪木』

「は、はいぃ…っ!」
そんな言葉を考えるたびに、身体は熱を帯びていきます。
ふと、鏡を見ました。そこには。

「あ…っ!」

身体中に下品な落書きをされてアソコを濡らす、淫乱な雌の姿がありました。
それを見て、私は更に興奮します。

『こんな事されて感じるなんて、最低の淫乱女だな』

妄想の中で、日向さんは私を罵ります。
私は、それだけで、もっともっと、アソコを濡らします。

「わ、わたし…もうっ…!」

もう、限界でした。
鏡の前で、足を広げます。
私のアソコはビクビクと痙攣し、透明な液を撒き散らしています。
クリトリスも大きく、固くなって、充血しきっています。
なんて、淫乱な姿――。
そして、私は、『動くこけし』を手に取って。
一気に――

「あっ!あ、ああああああああああああっ!!」

私の中へと挿入して。
そこで、イってしまいました。

それでも、まだ、身体の火照りは収まりません。

「わっ…わたし、はぁっ…!」

挿入したこけしを、日向さんのペニスに見立てて、私はそれを出し入れします。
その手の動きが、どんどん、どんどん速く、激しくなります。
ビチャビチャと、出し入れするたびに透明な液体が迸ります。

「ごめんなさっ…!みじめな、メスブタでっ…ごめんなさいっ…!」
ぎゅう、と左手で乳首をつねります。

『惨めなメスブタには、罰が必要だね』

妄想の中で私は、日向さんの手で、乳首をつねられています。

「あひいっ…!い、いたいっ…!あぁっ…!」
強く、強く。千切れるくらいに強く、乳首を捻りあげます。
日向さんに、お仕置きされていると、思いながら。

痛い。
だけど、気持ち良い。
止まらない!

「やっ、あ、あぁんっ!ひ、ひゃうっ!んんっ!」

日向さん。
日向さん、日向さん、日向さんっ…!

妄想の中で、日向さんは私を犯します。

千切れるくらいに乳首を捻り上げ。
乱暴にペニスを出し入れして。

「ひっ、ひなたっ、さっ!らめ…っ!
 い、いくっ、いっ、いっちゃ、うぅっ!!」

乱暴に。
奴隷のように。
モノのように――!

「…ひぐっ!ああっ!」

――そして、私は。

「い゙、あ゙あ゙あ゙ああああああああぁぁっ!!
 あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あぁぁぁっっ!!!」

ケダモノ染みた叫び声を上げながら。
最大の絶頂を迎えました。



目の前が真っ白になって、何も見えなくなりました。
声を出すことも、呼吸をする事すら出来ません。
白目を剥き、涎と鼻水を垂らし、アソコから液体を撒き散らしながら、
意識すら明滅して、私は前に倒れました。

「はっ…はぁっ…!」

何分か経って、私はようやく意識を取り戻しました。
身体中がビクビクと痙攣して、マトモに動くことができません。
部屋中に、雌の匂いが広がって、私の鼻を刺激します。
何も考えられないほどの虚脱感。
そして。
すべてが終わった後の罪悪感。

「……ごめんなさい」

最初に出たのは、謝罪の言葉でした。
ごめんなさい。
日向さん。私は、こんなに汚れています。
夜な夜な淫猥な妄想に耽る、惨めなメスブタです。
あなたに滅茶苦茶にされる事を願う、どうしようもない変態です。

「……ごめんなさい」

こんな最悪な私を、優しい日向さんが
受け入れてくれるなんて事は、ありえないですよね。
こんな私の姿を見たら、幻滅して言葉も交わして貰えなくなりますよね。
日向さんはどこまでも優しくて。
私は、最低の変態女なんですから。

だから、せめて。

『謝ってどうするの?こんな淫乱な罪木には、
 もっともっとキツいお仕置きが必要だね』

「………はい」

せめて私の妄想の中だけは。
私の、ご主人様でいて下さい。



おしまい
|