低線量被曝-③ホルミシスモデルを支持する論文集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放射線ホルミシス仮説

 少量の放射線被曝がもたらす影響について、「むしろ健康によい」と考える者もいる。科学上も過去に何度か「少しの被曝は体内活動を活性化するので健康に良い」という視点で研究が行なわれたが、そういったものの1つで20世紀末から小さなブームとなった説に放射線ホルミシス仮説がある。  1978年、ミズーリ大学のトーマス・D・ラッキー生化学教授がアメリカ保健物理学会誌1982年12月号上で発表した学説。この仮説では、低線量の放射線照射は、体のさまざまな活動を活性化するとされる。近年では、日本やマサチューセッツ大学のエドワード・キャラブレスらが継承して研究している。  1993年、日本の放射線安全研究センターは、東北大学、東京大学、東邦大学、京都大学など14の研究機関の参加を得て、放射線ホルミシス効果検証プロジェクトをたちあげた。同プロジェクトにおける研究結果が査読付ジャーナルに掲載された形跡はない。 【Wikipedia(被曝、ホルミシス効果の両ページ)より抜粋】

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。