低線量被曝-④低線量でより応答があるとするモデルを支持する論文集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.ペトカウ効果

超線形(supra-linear)と呼ばれている形で、線量ゼロから急峻に立ち上がるが、より高い線量では平坦になるような応答。


2.バイスタンダー効果

3.ブルラコバとバスビーの2相的線量応答

線量ゼロの点からある最大値まで増加するが、さらに線量が増加すると今度はある最小値まで低下。この点から更に線量を増加させると、2度目の効果の上昇が引き起こされる応答。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。