※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鬼子母神陽子(YOYO陽子)

+目次

キャラ概要

豊富な牽制各種を生かし、相手が動く間合いで牽制を置いておき、相手を封殺していくキャラクター。
反面、攻めっけを出すのはあまり得意ではない。互いの牽制がぎりぎり届くかどうか、といった絶妙な差し合いを好む人にお勧め。

ファイトスタイル、及び強み

基本的には豊富な牽制をばらまく形となる。それぞれの牽制に長所と短所があるので、使い分けが大事。
また、スカ確のリターンが非常に大きいため、牽制の外側から攻めてくる相手の攻撃を避けることも大事。
攻めすぎず、守りすぎずのバランスが難しい。

主力技

牽制

  • 歩き、上×6(鬼子母神蹴り)
メインの牽制となる、歩きからとっさに出せる上、段数を調節できるので重宝する。
基本は2~3段で止める。

  • 走り、上×3(天空三連脚)
ガード後の状況がかなり優秀で、インタラプト不可技である。
段数調節も可能で、基本は二段止め。
しゃがまれると当たらないが、相手がしゃがむようになると中段択(後述の疾風月)が通るチャンスが生まれるので、この技を見せるのも大事。

  • 上+必(砲矢蹴り)
陽子の牽制の中では一番前に延びる牽制。
単発だが、上記二種類の牽制が届かない間合いを咄嗟にカバーできるのでこちらも重宝する。
ただし、多用は禁物。

  • ステップ、下、上(献仏蹴)
上段牽制の多い陽子の穴を埋めるべく存在している技。
中段かつステップ距離分前に延びる為、何かと頼ることが多い。
しゃがみ待ちの相手に中段を意識させるのにも役に立つ。

差し込み

  • G+下、上、上、上、上(地旋飛昇脚)
相手が牽制を意識して、牽制の間合いの外から技を置くようになってきたら、その技に対してこれでカウンターを狙っていく。
G+下→上がカウンターヒットでほぼ繋がるので、上の初段までは入れ込んでおき、ヒット確認のちに残りを出す、というのがセオリー。
二段止めに反応して差し込んでくる相手には3~4段目を出してしまうのもあり。

  • 走り、G+上(疾風月)
立ち上がり技以外で空中コンボに行ける珍しい技。
この技から上+下に繋げるだけでも十分なダメージ。
スカし確認からこの技で確定がとれると、火力アップに繋がる。

  • しゃがみ、上(鷹落とし)
しゃがみ待ちから、相手の牽制にあわせて使うイメージ。
二段当たるとほぼ確実にダウン追い打ちで上+下が繋がるので、狙える箇所は狙っていきたい。

その他

  • 立ち上がり、上+必(輪廻掌)
下段系統への確定反撃は出来ればこれを使いたい。
決まれば高火力空中コンボに持って行くことが可能。
起き攻めでしゃがんでおいて、上段暴れを誘ってこの技でカウンターをとる、ということも可能。
押しっぱなしでガー不になることも、うまく生かしていけると崩しが弱い陽子にとっては便利。

  • 必(鬼子母神式ヨーヨー)
他のキャラより少し癖があって使いにくい飛び道具だが、使い方によっては非常に強力。
相手の飛び道具を防ぐための盾として箱を引きつけたり、間合いを無理矢理積める時などに。
また、この技を中距離でヒットさせ、ガードで自分の硬直のみキャンセルしたのちに、引き寄せ硬直中の相手に発生の早い技を確定させる、というテクニックもある。
開幕より少し遠い間合いで必→G+下+必を連打、といった感じである。
近すぎると引き寄せが終わってしまい、遠すぎるとそもそもヨーヨーが当たらないという欠点こそあれど、どの牽制でも届かない間合いがカバーできるのは魅力。

  • 必押し続け、下(狂犬の散歩)
陽子のもっとも尖る瞬間、といってもいい。
どの技でダウンを取ったか、相手の位置にもよるが、この技によるダウン追い打ちが一発は確定する場面がある。
細かいながらも貴重なダメージなので、とれる場所は取っていきたい。
また、この技をおもむろに繰り出し、必殺技ボタンを押して走り回って荒らしにかかるのもいい。

  • ジャンプ中、必(ビー玉)
下段判定の特殊飛び道具を放つ。当たると特殊なダウン気絶になる。
安定はG+下+必でダウン追い打ち、うまくやれば立ち上がり、上+必を当てることも可能。
立っていると当たるので、相手がしゃがみがちになりやすい。
そこに中段を差し込むか、固まっていることを生かしてヨーヨーで崩しにかかってもよい。

  • 上、上、J下、上、上、J上、上、上、上、上、J下、下(仏罰降臨)
陽子唯一のジャスト技。
二回目のジャスト成立で止めると、わりと状況がいい。
初めのジャストでわざと止め、しゃがみステータスを作るのも手。

連係


空中コンボ

  • 立ち上がり、上+必→走り、上、上→上→上+下
走り上、上と二段目で止め、着地後最速で上を押し、捶突(すいとつ)を出すのがコツ。