※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kカセとは・・・?

K鯖カセドリア連合王国(通称:Kカセ)とは今や全サーバーで最弱と呼ばれている国家である。
F鯖初期時代はそれこそカセドリア1強と呼ばれるほど強かったが、どうしてここまで弱くなったのか?
その背景には175文化の浸透や、移住してきたプレイヤーの素行など様々な問題が重なった為である。


Fカセ初期時代、国力はサーバーNo1!

今となっては、ゲブランドに本土まで燃やされる始末だが、昔は違かった。
想像に苦しむと思うが、何とサーバーNo1の領土と実力を誇っていたのだ。今のゲブランドみたいな感じである。
何故初期は強かったのか。
F鯖開設当初、ABCDEの各サーバーからプレイヤーがF鯖へ移住してくるわけだが、どこのサーバーもカセドリアは弱かった。
そこで、K鯖はカセドリアに行こうという動きがあった為、人数が多く集まり、さらに真面目なプレイヤーも多かった為、
カセドリアはたちまちF鯖でNo1の国力と実力を手に入れたのである。


Fカセ弱体化と175文化

では何故弱くなったのか?
それは、他国の勝てないプレイヤーが次々とカセドリアに引っ越してきた為である。
実力のないプレイヤーが勝利を掴みたい為に強国へ移住する事を175(イナゴ)というが、この頃は175という言葉がまだ浸透していなかった。
大袈裟に言えば、移住してきたプレイヤーがカセドリアを無茶苦茶にしてしまったのだ。
当初は真面目なプレイヤー達が、諦めずに指導指摘しつづけたのだが、移住民は好き放題に戦争をし、カセドリアの勝率は大幅にDOWN。
真面目なFカセ民はカセドリアを諦め、当時はまだ弱小国家であった隣国のゲブランドへの移住を開始した。


宿敵ゲブランドの強国化

真面目なプレイヤーが大幅に増えたゲブランドは瞬く間に力をつけた。
そしてF鯖が開業して1年余り、ついにゲブランドの領土数がサーバーNo1になったのである。
この頃からABCDE鯖の過疎化が進み、人数の多いF鯖へ移住する動きが活発になってきた。
他鯖からの第2期移住民。勢いのある国へ行くのは当然の事である。
こうしてゲブランドはますます力をつけ、御存知の通り2012年現在も人口、領土数共にサーバーNo1である。


下克上!部隊『はせがわ』襲来!

ゲブランドが力をつけF鯖に幅を利かせてきた頃、カセドリアに救世主が現れる。
E鯖からの移住民部隊『はせがわ』である。
素晴らしい歩兵力と迅速な裏方力を併せ持ち、はせがわが参戦する戦場では殆ど勝利しカセドリア国民の士気を高めた。
はせがわがカセドリアにいた頃は少しずつ国民が他鯖他国から戻ってきた程である。
その後はせがわは3ヶ月ほど活動をしたが、それぞれ他ゲーや他鯖他国へ帰ってしまった。
はせがわがFカセに居続けてくれたら、カセドリアの運命は変わっていたのかもしれない。


唸るソードランページ!シンラさん登場!

皆さんご存知、シンラさんもこの頃に現れた1人である。
自分の危険を省みず敵軍へ特攻し、キル、デッド、PCダメージ全て1位という凄まじい結果を出す姿はカセドリア国民を大いに勇気づけた。
そしてその特攻スタイルをカセドリア国民は敬意を持って「シンラスタイル」と名付け、当のシンラさんは今も自国戦にて活躍中である。


マジ基地軍団!『デスパイア』!

175文化が落ち着いてきたF鯖中期時代、突如として現れた部隊『デスパイア』。
理不尽なFカセプレイヤーを徹底的に粘着し、国から追い出すというまさに基地外プレイスタイル。
本人達は楽しんでいただけなのかもしれないが、結果的に戦犯級の国民を数十名、カセドリアから追い出すという偉業を成し遂げた。
歩兵力はFカセ部隊の中で当時最強を誇り、誰も反論できなかったようだ。
GMコールが普及された現在、こんな事をやったら一発BANなので注意されたし。


常勝伝説『侍Drive』!しかし!

F鯖中期時代に実はもう1つ有名な部隊があった。その部隊の名は『侍Drive』。
茶トラさんをはじめとする少数精鋭の部隊で圧倒的な歩兵力を誇った。
侍Driveが参戦する戦場では殆ど勝利を収め、彼らはFカセ復興への希望の架け橋となるはずだった。
しかしある日突然、侍DriveがFカセから姿を消す。そう、Fネツへ移住してしまったのだ。
その後、彼らはカセ方面へ攻める(といっても殆どゲブ領土だったが)という売国奴とも取れなくもない行動を取ったのであった。
この出来事を機に、Fカセの人口はますます減少の一途を辿ることになる。


歩兵力の『大惨事スパロボ大戦乙』と、裏方の『辛に一閃』

そしてF鯖後期、代表的な部隊と言えばこの2部隊である。
歩兵戦に強く、僻地では無類の強さを誇る『大惨事スパロボ大戦乙』。裏方に関しては積極的でない。
そして部隊長のカリスマ性で一気に存在感を増した『辛に一閃』。裏方は積極的にやるが歩兵力に難あり。
この両極端な2部隊が国を引っ張って行く事になる。
2部隊が一緒の戦場になった時、カセドリアとはいえかなりの強さを誇り、ゲブランド一軍と好勝負を繰り広げた。



2012年夏!国を引っ張る『辛に一閃』『わたげ☆たんぽぽ』、国の足を引っ張る『HTRK』

がめぽがサーバー名をF鯖→K鯖へ改名。
『大惨事スパロボ大戦乙』『デスパイア』などが他ゲー、他鯖へ行ってしまった現在。
国を引っ張る存在としては、以前と変わらず裏方重視の『辛に一閃』。
そして最近頭角を表し、アクティブ人数と歩兵力を兼ね備えた『わたげ☆たんぽぽ』。
この2部隊を中心に勝率40%代をキープできるかと思っていた矢先、突如としてニコ生から現れた初心者部隊『HTRK』。
HTRKのアクティブ数は100名を超えていた。初心者100名が一気にカセドリアへ来たのである。
国としては嬉しい事だが、それとは逆に勝率は一気に下がり、30%代、ついには20%代まで落ち込んだ。
全く勝てなくなり、一部Kカセ民がゲブランドへ移住してしまう程。
そして、HTRKのカセ介入を面白くないと思ったKカセ175民とゲブランド民が結託をし、カセ本土まで一気に攻め上がられてしまう。
結果、全く防衛ができず首都アズルウッドだけを残し、カセ本土全てがゲブランド領土になってしまうという大失態を犯した。
今のカセドリアはF鯖時代を入れても、史上最弱と言える。


ついに『HTRK』崩壊か!?ゴッドしめじがニコ生アカウント永久BAN!

2012年秋、その事件は突然起こった。
夏にニコ生からやってきた、Kカセの部隊で最大のアクティブ数を誇るHTRKグループ。
その総大将であるゴッドしめじが荒らし誘導等の罪状によりニコ生から永久BANされたのである。
もちろんコミュニティレベル98は水の泡。挑発的な言動や、基地外行動がここへ来て仇となる形になった。
ニコ生配信でモチベーションを保って来たHTRKグループ。果たしてこれからどうなって行くのか注目である。


崩壊が現実に!『HTRK』の総大将ゴッドしめじが永久BANされ引退!

2012年9月19日、ついに運営が重い腰を上げた。
HTRKの総大将ゴッドしめじが度重なる迷惑行為など9つの項目に当てはまり、FEZを永久BANされた。
これが、Kカセの領土を20まで増やすと啖呵を切った漢の末路である。まるで某ゲブランドにいる遊魅を彷彿とさせる結末となってしまった。
ゴッドしめじ自身はこの自爆BANを機に引退を発表。
「FEZ飽きた」「戦争だけでゲームの奥深さがない」など、FEZを辞めていくプレイヤーの典型的な捨て台詞を残している。
HTRK部隊メンバーもこの出来事で徐々にフェードアウトしていくであろう。
結果的にHTRKはKカセに多大な迷惑をかけただけで、FEZを撤退ということになった。



運営がピンチ!?他ゲームが続々と参入!チュートリアルで異例の武器防具エンチャント配布+経験値配布!

時は流れ、2013年春。
私が最初その話を聞いた時は本当にびっくりした。新アカウントを取り、チュートリアルMAPへ行くと、
なんと武器防具、回復アイテム、エンチャントアイテムを無料で配布するという異例とも言えるイベントを開催したのである。
武器防具はこれまた異例の課金性能と同等の物。
さらに、NPCに話しかけるだけでLv20になれるという、今までのイベントとは比べ物にならない大盤振舞。
他から強力なゲームタイトルが続々と出る中、ログイン率が下降の一途を辿るKカセ、もといファンタジーアースゼロ。
憶測だが、ゴールデンウィークまでに数字(ログイン数)を出さないと、かなりマズい状態になっていたのではないかと思われる。
ここががゲームポットの正念場。頑張って欲しいものだ。


ダウナ氏が2度目のIPBANにより引退宣言!

2013年5月末、伝説の人物がまた1人姿を消すことになる。
F鯖時代よりFEZを盛り上げてきた人物、ダウナ氏が引退を発表。2度目(?)のIPBANである。
FEZ史上、個人単位で2回もIPBANをされているのはダウナ氏だけではないだろうか。
これによりKカセに平和が訪れる事となるが、ダウナ氏による愛の煽り行為がもう見れないとなると少し寂しい思いがする。
ArcheAgeという新ゲームへ移住するらしく、ぷりてぃ☆きっすの部隊員も順次そちらへ行くであろう。
現在、ファンタジーアースゼロ全鯖の同時接続者数は約6000名。着実に減らしていっている。



今後の課題

今後カセドリアの勝率を上げるにはどうすればいいか?
まずKカセ民への初心者講習会を実施、底辺の底上げから図るしかない。
国民数の問題もある。現在カセドリアの国民はGTで大体220名前後。それに対し隣国ゲブランドは800名前後。約4倍である。
現状では苦労して1戦場を攻め落としても、ゲブランドは人海戦術で3戦場落としてくるのだ。
何とかしてKカセ民を増やす必要がある。最低でも同時接続数500人は欲しい。
人数を増やす方法は国を強くするしかない。でも人数が足りず負け戦場が増える→いつまで経っても弱い国のまま。
カセドリアへ人を呼ぶ方法を2つほど考えてみた。

①運営に対応してもらう
これは非現実的か。今まで重い腰を上げなかったガメポがゲームバランスの件で動くわけがない。

②カリスマリア♀配信者がニコ生で囲いをたくさん連れてくる
こっちの方が運営より現実的だが、そんなリア♀がFEZに来るわけがない。

管理人の知恵もこれが限界である。
とりあえずはできることからコツコツとやっていくしかない。
少しでもこの文章で思うことがあれば、ただ惰性でプレイしているだけではなく、しっかり軍チャで自分の意志を発言してほしい。
それが強国の道へつながる第一歩だと思う。



©2012 ファンタジーアースゼロ K鯖カセドリア私的ガイドブック 通知表wiki
©2005-2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Licensed to Gamepot Inc.