ケイン Kane


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ケーンは彼の最新の征服の利権を見ました。そして、印象的に彼の謁見の間に詰め込まれました。 すべて、武器と機甲部隊の金と銀、宝石と最も多くの美 ... デーモン-王(哀れなCalabim)は、もう一つの衝突を彼の身内で始めて、Malakim帝国の力によって撃退されました。 ケーンがそれを気まぐれに欲しくなったというだけでたとえ存在し続けたとしても、彼らは尊大でした、アレクシスとFlauros。 彼らは、より小さい司令官を処分する役に立つ方法でした。 しかし、時々、現在のように、彼らは彼を攻撃しようとしました。 相変わらず、彼らは失敗しました。 そしてそれは、彼らに世界の彼らのところを思い出させるために、ケーンに彼自身の急襲隊を送る理由を与えました; 彼のペット、彼の猟犬、ケーンが笑って示したより多くの何もない、(とうまくそれと考えられる)。
しかし、それがすべてであるというわけではありませんでした。 シャチの未成年の種族は、彼の栄光に逆らおうとしました。 ケーンの兵士が彼らの悪臭を発する町の1つであらゆる男性、女性と子供を虐殺したので、彼らの貴重な「Bhall」は彼らの嘆願に耳を傾けなかったです。 ケーンはどの他のシャチのような種族にも2、3の頭を送って、自分のもののために2、3を保ちました; 特に彼らの司令官のものは、彼のコレクションのための優れたカップとして用いられます。 それは命の浪費でした、そして、ケーンはそのような虐殺をほとんど楽しみませんでした、しかし、Orcsは残忍性以外の何も尊重しません。 こう言えば十分だが、急襲は止まりました。 ケーンは微笑んで、それがよいと考えました。
一方、Svartalfarがさらに別のエージェントを彼のハーレムに植えたと、ケーンは思いました ... 彼らは、異常にかなりの数のかわいい女性がいるようでした。 彼は彼女に若干のマイナーな誤報を流して、Svartalfarがそれに作用したかどうか見ます。 悲しげに、彼が生きて捕らえた最初の人に起こったことの後、Svartalfarエージェントは、発見と同時に自殺するようになりました、あるいは、疑いさえようです。 恥(彼にはその最初のものでどれくらいの楽しみがあったかについて見る)。 ケーンは、彼の女にはるかにより穏やかであることを知られていました最もMalakim司令官のうち彼ら、しかし、この女中が彼の範囲内で獣を起こした時 ... ケーンは微笑んで、それがよいと考えました。
メッセンジャーは、インチ「閣下、金色のLeaneから知らせ」を破裂させました。 ケーンは、その場所を全焼させないことを残念に思いました。 技術的に、男は彼自身を発表しなければならなくて、彼がそうしたので中で課金しませんでした、しかし、それから、ケーンは愚かな何でもするために分別がありました。 彼は係員から手を振って、男が続けるために身振りをしました。 「彼らは反乱を起こしました。 再び。 彼らは、リードされます ... 小妖精、こともあろうに、Varn Gosamを挙げてください。」 「Varnを殺してください。 それは、それほど難しいですか?」、メッセンジャーは休止しました。 ケーンは、答えが「はい」であった男の顔の表情からgussedしました。 「私は、エリートの1人がこの男性と仕事をするように手配します。 私に彼について話してください。」 メッセンジャーはしました ... そして、彼が話を聞いたので、ケーンはsmiling


原文
Kane looked upon the spoils of his latest conquest, piled impressively in his throne room. Gold and silver, jewels, and most beautiful of all, weapons and armor... the demon-kings, the wretched Calabim, had started another skirmish with his people, and been beaten back by the might of the Malakim empire. They were arrogant, Alexis and Flauros, even though they continued existing only because Kane whimmed it. They were a useful way to dispose of lesser warlords. But every so often, as now, they tried to attack him. As ever, they failed. Which gave Kane an excuse to send raiding parties of his own, to remind them of their place in the world; his pets, his hounds, nothing more Kane smiled, and thought it good.
But that was not all. A minor tribe of orcs had attempted to defy his glory. Their precious "Bhall" had been deaf to their pleas as Kane's soldiers had slaughtered every man, woman, and child in one of their stinking towns. Kane had sent a few skulls to each and every other orcish tribe, and kept a few for his own; their warlord's in particular would serve as an excellent cup for his collection. It was a waste of lives, and Kane hardly enjoyed such slaughter, but the Orcs would not respect anything but brutality. Suffice it to say, the raids had stopped. Kane smiled, and thought it good.
Meanwhile, Kane suspected the Svartalfar had planted yet another agent in his harem... they seemed to have an unusually large number of pretty women. He'd feed her some minor misinformation, and see if the Svartalfar acted on it. Sadly, after what happened to the first one he'd captured alive, the Svartalfar agents had taken to committing suicide upon discovery, or even suspicion of such. A shame, seeing how much fun he'd had with that first one. Kane was known to be far gentler to his women them most of the Malakim warlords, but when this wench had awoken the beast within him... Kane smiled, and thought it good.
A messenger burst in. "My lord, word from Golden Leane." Kane regretted not burning that place to the ground. Technically, the man should have announced himself, and not charged in as he had, but Kane knew better then to do anything foolish. He waved off his attendants and gestured for the man to continue. "They've revolted. Again. They're lead by... an elf, of all things, name Varn Gosam." "Kill Varn. Is that so hard?" The messenger paused. Kane gussed from the look on the man's face that the answer was "yes." "I'll arrange for one of the elite to deal with this man. Tell me about him." The messenger did... and as he listened to the tales, Kane stopped smiling.
添付ファイル