ウィーヴィルとピクルとハイド Weevil, Pickle and Hyde


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


EnglishHowは、それにこれに来させました? 一日Essom’s村はエロヒム領域の辺境に立っていました。そして、Balseraphsに隣接しました。そして、彼の身内が吟遊詩人国の奇怪な気まぐれな行動を首尾よく大目に見ました。 その翌日、村はBalseraphs領域にありました、そして、彼の身内は奴隷でした。 よりショッキングで、まるでそれが世界で最も自然な移行であるように、彼らは考えもなくそれを受け入れました。
“ ストレート、怠惰な酒落者、来ているhe’sの上に立っていてください、”ファロは怒鳴りました。
昨日、そのような意見は鞭の針を伴いました、そして、川は血とともに流れました、しかし、少なくとも今日に、奴隷は休日を与えられました、そのため、彼らは大勢の謝意を表す顔、すべての賞賛して歓迎するPerpentech、Blasphemy作りのFleshをつくることができました。
黒いボタンと金色のふさと装飾(公式公式出来事にドアマンを飾った種類)で赤いスーツを着て、道化王子は到着しました。 オーケストラは、公式Balseraphs国歌(鹿とカモのダンス)を演奏し始めました。
“ いいえ! いいえ! いいえ! いいえ! !”Perpentechはギャーギャーいいました。 誤って全てやっている“You’re。 バイオリンのあなたは、行って、ハープを演奏します。 そして、あなた∥はい、あなたは、トランペットと大きい鼻で、ティンパニを取ってきます。 そして、it.”でyou’reの間、ピッコロ部と交換するクワイアを言ってください
音楽家がお互いと場所を交換したので、Essomは荒廃を見ました。そして、ひどく彼らが少なくとも通りすがりの知人を運ぶかもしれない器具を見つけようとしました。 彼がこれまでに聞いた非常に最もばかな声(物質のキーキーいう、葦の多いものでない)を、Perpentechが持ったことは、Essomに起こりました。 が、それは彼のカリスマでした、だれも声(それの後のまさに脅威)を決して聞きませんでした。
“ そして、ワン・ツー・スリー(とあなた自身のtime.”の)
結果として生じる集大成はリズム、メロディーと才能が欠如していたが、恐れの熱意を持って行って、それを補いました。 調和しないメモがコーチ事故のすべての優雅さでお互いに滑り込んだので、Perpentechは左右に揺れました。そして、若干の度が過ぎたラッパ泣き声または不適当なシンバル衝突で遅れずに彼の手首をあちこちではじきました。 テンポは激しく異なりました。そして、他が延長したソロに引き入れられた間、一部の音楽家が早く終わる。 キャップエラはsoto voceと競争しました、そして、歌詞はよりよくほとんどいきませんでした; 聖歌隊員の少なくとも半分は、Solsticeイブによって最後のweek’s国歌、Twoバイオリンと引きを詠唱することから始めました。
“ 素晴らしい! 素晴らしい! あなたdon’tがあなたのために配置される音楽を演奏する時を、外へIsn’tは、それほど改善します? 現在、私のハトは、どこにいますか?”
“ ハト(閣下)?”が、ファロ・キャプテンに尋ねました
“ ハト。 もちろん私の存在を発表します!”Perpentechはため息をつきました。 “あなたが完了した何かにしてもらいたいIf、Essomが王子が変えるのを見なかったyourself.”をそれにしますほんのPerpentechがシルクハットで黒いスーツを着ていた今、彼の衣類。 振りで、混沌の先駆けは彼の左腕を掃除しました、そして、イナゴの群れは彼の指先から出てきました。 彼らは2羽のハトの形で群がって、そして、群衆に飛びかかりました。
“ 私は、施設の欠如について謝罪します。 shan’tは起こりますファロ・キャプテンがご機嫌を取った、しかし、Essomがその顔を見たagain.”。 明日、鞭は二倍きついです。
“ 私は、言います、キャプテン、汗をあなたの足にして、この熱さの中で悪臭を放ってください?”
不合理な推論は、肯定の反応をどもって言うことに、ファロを唖然とさせました。
“ 流れが彼の衣類として間に合った絹のパジャマのボタン穴から、we’llがthat.”And Perpentechについて何かするために持っている井戸は、花束をつかみました。 花びらをバラから剥がして、彼は、彼らに微風に関して漂わせて、繊細に彼らを選び出しました。
だいたい群衆で声が“She Loves Me.”Withを大声で叫んだこと次の花びら(全ての多数が各々の花びらによる不滅の愛情と後悔している残念と宣言していた“She Loves Me Not.”Soon)決勝で、「彼女が、Loves Me Notです」、花びらは、太陽をおおって、下記の土地を暗くするために、風下に踊りました。
“ すぐに、project.”を教えてください
“ もちろん、Sir.”
“
そして、私に電話をするのを止めてください、閣下。 それは、とても正式に聞こえます。 今後、あなたは慈善最高を私に任せなければなりません気前のよさとVirtue.”の占う
ファロ・キャプテンはうなずいて、Perpentechに構造への道を案内しました。 3本の柱は、砂漠、各々血への記念碑とエロヒム奴隷の痛みで置かれました。 側(don’tが適所に合ったジグソーの部分)で捨てられて、刻まれた大理石石造り(ひょうを燃やす際に死んでいるカエルとヒキガエルのエッチングで彫られる)が、ありました。
“ 公正さ(Si)で ... あなたの最も多くのBeneficent Augur ... えー ... あなたがどのようにすべての階段吹き抜けがすべてのtime.”上がっていると思っているかについて、我々の建築家don’tは理解します
“ Really.”Perpentech(現在、頭の先から爪の先まで彼をカバーした金のローブを着ている)は、彼の腕を差し出しました。 “We can’tは、それを持ちます。 結局、私don’tが第一に階段を持っているならば、私はほとんど階下で生きている使用人がいることになっていることができません。 demonstrate.”に私を許してください
Perpentechが彼の腕を下げたので、数字が彼らの後に表示されました。 というよりは、3つは現れます。そして、3つのこびとが互いに頂上に立っています。 彼の顔を理解するのは難しかったように多くの痛い所と吹出物を、底のものは、持ちました。 中心的な人はシラミとハエでおおわれました、ところが、トップ(その人は他よりわずかに背が高かったです)のものはステージ憎悪を彼の胸でしっかりと急落しておきました。
スタックのトップと底の矮星は彼らの腕を差し出しました。そして、直角を指すために彼らの肘と手を曲げました。 中心的なこびとは話しました。 “My名はWeevilで、私の下でPickleで、私の頭上にHyde.”です
それから、矮星の塔は即座に回転しました。そして、彼らがもう一度観衆と向き合うまで、ゆっくりシャッフルしました。 彼らの背中が群衆にあった間見た目の変化が塔になかったが、その時、底の背が高いこびととスタックの上のシラミ荒らされる矮星で、吹出物による矮星は中心点を占有しました。
今度は、スタックの上下の矮星は驚く顔を作りました。そして、目が大きく開いていました。そして、手が偽りの驚きで彼らの口をカバーしました。 中心的なこびとは、もう一度話しました。 “My名はPickleです、私の下に、ハイドは立っています、そして、私の頭上に、Weevil.”は立っています
塔は、もう一度回転しました。 それが再び観衆と向き合ったとき、矮星の構成は変わりました。 ハエと一緒のこびとはスタックの底にいました。そして、彼の手の掌が彼の目をカバーしました。 中心位置はステージ憎悪で矮星によってふさがっていました。そして、彼の手が彼の耳の上に閉じられました。 トップに、凸凹のあるこびと(彼の口全体に丸められる手)は、いました。 中心的なこびとは、再び話しました。 “私の名前がそうであるAndハイドが、私の下でWeevilで、私の頭上にPickle.”です
“ そこであなたがそれを持つように、まるであなたが私の階段に建ててやるWhenが10の“まで数えるためにどのようにちょうどWeevil、PickleとHyde.”を覚えているかについて彼がちょうど今子供に教えたように、”はPerpentechを述べました
“ えー ... Right”答えられたファロ。 彼は、それを信じているよう、ほとんどでした。
くしゃみを抑えるかのように、Perpentechは彼の鼻をつかみました。 「私は謝罪します」、彼は鼻音でギャーギャーいって、そして、冷静でおならをしました。 手を伸ばして、彼は後部からハンカチーフを引っ込めました。 彼が引いたので、もう一つのハンカチーフは出ました。そして、最初、そして、別のことに拘束されました。そして、異なる色が他からありました。 Perpentechはこれまでに彼の顔までハンカチーフを増やすひもを引いて、彼の鼻をふきました。
“ ちょうど私がひいているようだった少しの風邪は、上向きました。 私の鼻正当なwon’tは、走るのを止めます。 あなたの鼻は走ります、ファロ?”
“ 時々、あなたの大部分のベン ... ”
Perpentechは大喜びの勝利で前に踏み出しました。そして、彼のサテンのレオタードが悪意のある発光で輝きました。 「よく、あなたの鼻が走る、そして、あなたの足がにおいがするならば、あなたはさかさまにできていなければなりません。」 ファロは彼の恐怖で始まって、彼の顔を押収しました。 センター(彼の鼻は、かつてありました)では、大きなつま先がありました。 彼のサンダルから突き出て、鼻はぞっとする好奇心でit’s新しい環境のにおいを嗅ぎました。
Essomは、彼が何を見たかについて考え込みました。 団長だけが運命が意味した歌を歌うことができる土地では、他の皆は奴隷です。


原文
How had it come to this? One day Essom’s village stood on the border of the Elohim lands, adjoining Balseraphs, his people happily tolerating the bizarre antics of the troubadour nation. The next day the village was in Balseraphs territory and his people were slaves. More startling, they accepted it mindlessly, as if it were the most natural transition in the world.

“Stand up straight, ye lazy popinjay, he’s coming,” Faro snarled.

Yesterday such a remark would have been accompanied with the sting of the whip, and the river would have run with blood, but, for today at least, the slaves have been given the day off, so that they could form a crowd of grateful faces, all appreciatively welcoming Perpentech, the Blasphemy made Flesh.

The clown prince arrived wearing a red suit with black buttons and golden tassels and trim, the kind that adorned doormen on official state occasions. The orchestra began to play the official Balseraphs national anthem, The Dance of the Deer and Duck.

“No! No! No! No! No!” Perpentech squawked. “You’re doing it all wrong. You on the fiddle, go and play the harp. And you, yes you, with the trumpet and the big nose, fetch the timpani. And tell the choir to swap with the piccolo section, whilst you’re at it.”

Essom watched the havoc as musicians swapped places with one another, desperately trying to locate an instrument with which they might bear at least a passing acquaintance. It occurred to Essom that Perpentech had quite the most ridiculous voice that he had ever heard, a squeaky, reedy thing of no substance. And yet, such was his charisma, no-one ever heard the voice, just the threat behind it.

“And a one-two-three, and in your own time.”

The resulting melange lacked rhythm, melody and talent, but made up for it with an enthusiasm born of fear. As discordant notes slid into one another with all the elegance of a coach crash, Perpentech swayed from side to side, flicking his wrist here and there in time with some overblown bugle cry or inappropriate cymbal clash. The tempo varied wildly, some musicians finishing early, whilst others were drawn into extended solos. A capella competed with soto voce, and the lyrics fared little better; at least half the choristers started by singing last week’s National Anthem, Two fiddles and a tug by Solstice Eve.

“Excellent! Excellent! Isn’t out so much better when you don’t play the music laid out for you? Now where are my doves?”

“Doves, Sir?” asked Captain Faro

“Doves. To announce my presence of course!” Perpentech sighed. “If you want something done, do it yourself.” Essom had not seen the prince change his clothing, but now Perpentech was wearing a dark suit with a top hat. With a flourish, the harbinger of chaos swept out his left arm and a swarm of locusts emerged from his fingertips. They clustered together in the form of two doves and then flew into the crowd.

“I apologise for the lack of facilities, sir. It shan’t happen again.” Captain Faro toadied, but Essom had seen that face before. Tomorrow the whip would be twice as harsh.

“I say, Captain, do your feet sweat and stink in this heat?”

The non-sequitur stunned Faro into stammering affirmative response.

“Well we’ll have to do something about that.” And Perpentech seized a nosegay from the buttonhole of the silk pyjamas that current served as his raiment. Peeling the petals from the rose, he plucked them delicately letting them drift on the breeze.

Somewhere in the crowd a voice cried “She Loves Me.” With the next petal, “She Loves Me Not.” Soon the entire multitude was declaring undying affection and remorseful regret with each petal, until, with the final "She Loves Me Not", the petals danced on the wind to smother the sun and darken the land below.

“Now show me the project.”

“Of course, Sir.”

“And do stop calling me, Sir. It sounds so formal. From now on you must refer to me the Most Beneficent Augur of Munificence and Virtue.”

Captain Faro nodded and showed Perpentech the way to the structure. Three pillars stood in the desert, each a monument to the blood and pain of Elohim slaves. Carved marble masonry, engraved with etchings of frogs and toads dying in burning hail, lay discarded at the side, pieces of a jigsaw that don’t fit in place.

“In fairness, Si... Your most Beneficent Augur of... er... Our architects don’t understand how you expect all the stairwells to be going up all the time.”

“Really.” Perpentech, now dressed in a gold robe which covered him from head to foot, stretched out his arms. “We can’t have that. After all, I can hardly be expected to have servants living below stairs if I don’t have a staircase in the first place. Allow me to demonstrate.”

As Perpentech dropped his arms, a figure appeared behind them. Or rather three figures, three dwarves standing atop of each other. The one at the bottom had so many sores and boils it was hard to make out his visage. The central one was smothered in lice and flies, whereas the one at the top, who was slightly taller than the others, had a stage dagger plunged firmly in his chest.

The dwarves at the top and the bottom of the stack stuck their arms out, bending their elbows and hands to point at right angles. The central dwarf spoke. “My name is Weevil and below me stands Pickle and above me stands Hyde.”

The tower of dwarves then rotated on the spot, slowly shuffling until they faced the audience once more. Although there had been no apparent change in the tower whilst their back was to the crowd, now the dwarf with the boils occupied the central spot, with the tall dwarf at the bottom and the lice-infested dwarf on the top of the stack.

This time, the dwarves at the top and bottom of the stack made surprised faces, eyes wide open, hands covering their mouths in mock-astonishment. The central dwarf spoke once more. “My name is Pickle, below me stands Hyde and above me stands Weevil.”

The tower rotated once more. When it faced the audience again, the configuration of dwarves had changed. The dwarf with the flies was at the bottom of the stack, the palms of his hands covering his eyes. The central position was occupied by the dwarf with the stage dagger, his hands closed over his ears. At the top was the pockmarked dwarf, a hand cupped across his mouth. The central dwarf spoke again. “And my name is Hyde, below me stands Weevil and above me stands Pickle.”

“So there you have it,” stated Perpentech, as if he had just taught a child how to count to ten “When you build my staircase just remember Weevil, Pickle and Hyde.”

“Erm... Right” replied Faro. He almost sounded like he believed it.

Perpentech clutched his nose, as if to stifle a sneeze. "I do apologise," he squeaked nasally, and then broke wind with aplomb. Reaching down, he withdrew a handkerchief from his backside. As he pulled, another handkerchief came out, tied to the first, and then another, a different colour from the others. Perpentech pulled the string of ever increasing handkerchiefs up to his face and wiped his nose.

“Just a little cold I seemed to have picked up. My nose just won’t stop running. Does your nose run, Faro?”

“Sometimes, Your Most Ben...”

Perpentech stepped forwards in gleeful triumph, his satin leotard sparkling with baleful luminescence. "Well if your nose runs and your feet smell, you must be built upside-down." Faro started in his horror and seized his face. In the centre, where once his nose had been, there was a large toe. Poking through his sandals, a nose sniffed it’s new surroundings with horrified curiosity.

Essom mused on what he had seen. In a land where only the ringmaster can sing the song destiny intended, everyone else is a slave.
添付ファイル