アナガンティオス ANAGANTIOS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Anagantiosは、彼の時間のGreat Warriorでした。 彼の体の中を流れた魔法は、破壊するのが不可能でした。 しかし、彼はdecievedされました。 彼の人生、彼の家族、彼の最愛の人と恋人たちが、すぐに死にます。 彼は、戦いの3日前にニュースをすぐに聞きました。 それから、「司令官、My家族は、暗闇と悪の圧力の下にあります」ことを、彼は尋ねました。 彼らは、私がこのbattle- Please様の前に彼らに取っておかなければならないonce-で死にそうです。 私は、あなたの物乞いをします。」 物乞いをすることはこのWarriorの通常の特徴でありませんでした。そして、彼の心がbrillantでした。そして、彼の筋肉が強かったです。 彼は、社会の乞食であるルックスでありませんでした。 指揮官は、彼のテーブルから立っていました。 眉をひそめて表されて、高くて、彼の目は、決して床を去らないようでした。 それから、「あなたに最愛の人を取っておくために、去ってください、しかし、次の戦いによって戻ってください、さもなければ、あなたは裏切り者(つまり私が授けることができるすべて)としてのconsiderdです」と、指揮官は言いました。 決してAnagantiosがテントを出るのを見るために調べられないでさえ、指揮官アイは、まだ地上で集中しました。
Anagantiosは氷の多くのフィールドと場所を通って急ぎました。そして、まるでこの空き地が決して止まらないように、思われました。 それから、Frostlingsは氷、現状維持のハンマーとクラブの外に現れます。 彼らが強盗をすることになっているならば、彼が少しの手掛かりなしでも通ったAnagantiosに対する関心を示さない気配。 彼はまだexhautedされて走って、もういなくなることができることを疲れさせました、彼はぼうっとしていてフラフラするようになります、stumbilingして、つまずいて、彼はすぐに倒れます。 岩であるだけであるために、彼の頭を打ちます。 彼のbrillanceは、この岩の上で目を通されます。
Anagantiosは、ブリザードで立ち往生する寒さだけの中で、彼の自身に起きて気付きました。 それから、彼はhesを推測します二時間足止めされます。 彼は、頭から胃まで引っぱっている血があると理解します。 彼は起きます、そして、彼は最愛の人が死んでいることがありえたと理解しているだけの正気でないブリザードで歩き始めます。 彼は、家族のテントに駆け寄ります。 彼は入ります ...
彼の家族は死んでいます。 彼らのinerds裂け目が壁の向こうで打ちのめされて、彼がそうである彼の家族に対する敬意は、気が狂って、他の文明の方へ怒りと差別に対して怒って怒りませんでした。 彼のWife、彼女の目は破れている彼女の体をえぐりました、彼女のドレッシングは裂けました、この殺人者は彼女のためにsympothyを持ちません。 ある種の物で打ちのめされる壁、ミス歌うこと指と背中に釘づけにされる彼の2人の息子。 彼のbrillantな心は、その時怒っていて、狂っていました。 彼は、長い復讐に向けて出発するということを知っているだけでした。
彼が戦争キャンプに記憶を遡る頃には、彼の目はsquentintedしました。そして、彼の息が持ち上げられました。そして、彼のfisstがcrinchedされる、そして、彼の声が強い。 彼はストレスを思い起こして、戦争が起こっていたと罵る準備ができていました、そして、彼は他のenemys./英語をannihalateしそうでした



原文
Anagantios was a Great Warrior of his time. The magic which flowed through his body was impossible to destroy. But he was decieved. His life, his family, his beloved and lovers would soon be killed. He at once heard news 3 days before battle. He then asked "Commander, My family is under the pressure of darkness and evil. They are going to be killed at once- I have to save them before this battle- Please sir. I beg of you." Begging was not a normal trait of this Warrior, his mind brillant, his muscles strong. He was not of looks to be the beggers of society. The commander stood from his table. Frowned and tall, his eyes seemed never to leave the floor. The commander then said "Leave to save you beloved, but be back by next battle or you'll be considerd as a traitor, that is all I can grant." The commanders eyes still concentrated on the ground never even looked up to see Anagantios leave the tent.

Anagantios rushed through many fields and places of ice, seeming as if this waste land would never stop. Frostlings then appear out of the ice, holding hammers and clubs. Seeming to show no interest in Anagantios he passed by without any clue to if they were to rob. He still runs exhauted and tired he can run no more, he gets dazed and dizzy, stumbiling and tripping he soon falls. Hits his head only to be a rock. His brillance would be looked over on this rock.

Anagantios woke up to find his self in the cold alone stranded in a blizzard. He then guesses hes been stranded for a couple hours. He realizes he has blood straining from his head to his stomach. He gets up, then he starts to walk in the insane blizzard only realizing his beloved could be dead. He runs to his family tent. He enters...

His family is dead. Their inerds rip thrashed across the wall, no respect for his family he is angered crazed and enraged with rage and discrimination towards other civilizations. His Wife, her eyes gouged her body torn, her dressings ripped, this murderer has no sympothy for her. His two sons nailed to the wall, missings fingers and backs thrashed with some sort of object. His brillant mind was now enraged and crazed. He only knew he would set out for his long revenge.

By the time he reached back to his war camp, his eyes squentinted, his breath heaved, his fisst crinched and his voice strong. He was ready to relive his stress and rage the war was coming and he was going to annihalate the other enemys.