勉強法

合格するために勉強する前に、心得ておくべきこと


この試験は、午前・午後のそれぞれで得点率60%以上で合格です。
(注意:総合で60%以上ではありません。)

まず、

 ”試験は満点を取る必要はない”

という認識が大切です。
確かに、合格点ギリギリを目指すのは良くありません。
しかし、分量が多いので満点を目指す勉強も時間がかかるのであまり効率が良くありません。
8割ぐらいを目安に頑張りましょう。

そして、試験までもうあまり時間がない人は

 ”完璧な理解と暗記を目指さない”

ことをおすすめします。
基本情報技術者試験はマーク式です。
多少、用語(特にカタカナ用語)がうろ覚えであっても、選択肢をみればわかるはずです。



一発合格のための勉強法


この試験の合格率は、毎回約25%です。
では、一発合格は難しい試験なのでしょうか…?

答えは "No" です。
出題される範囲と問題は毎回似ているので、きちんと対策すれば必ず一発合格できます。

まずは参考書を1冊用意して、通して読んでみましょう。


全くわからない人


  基本知識の習得が必要です。ITパスポートの参考書も1冊用意して勉強したほうが良いと思います。
  それが終わったら、もう1度読んでみて下さい。1回目よりはわかるはずです。

なんとなくわかる人


  分量が多いので1度読んだくらいでは、理解して覚えきるのは不可能です。
  2回ぐらいは読んで、次のステップへ進みましょう。


完璧にわかる人


  問題集に進んで、本当に理解できているか確認してみましょう。

次に問題集を1冊解いてみましょう。


  参考書で理解しきれていなくても良いので、問題集を解いてみましょう。
  2回は通して、3回目以降は2回までで間違えたところだけ解いてみましょう。
  また、何度も間違える場所や何度も回答に手間取る場所は参考書で再確認しておきましょう。

   // なぜ、2回は通して解くのか
   //  →1回だとまぐれで正解したところも、理解できたとして扱われてしまう危険があります!

最後に〜試験直前


  過去問を解きましょう。
  問題と解答は、公式サイト


  の下部に掲載されています。
  過去問は1番重要です。最低でも3年分、できれば5〜10年分を繰り返し解きましょう。