試合進行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

試合進行


・2013 シーズンの試合進行


2012以前から大幅に変更し、よりカードゲームに近い形になった。
選手同士がそれぞれオートで行動し、相手選手と1vs1で戦う形式で
選手一人一人の重要性も高まった。

・チーム編成

パラメータと行動にマッチした選手をそのポジションに置くのが基本。
作戦などによって、そのポジションで積極的に行う行動なども変わってくるが、
もちろん、調子やコンボの事も考えて組み合わせるのも大事。

・作戦設定

昨シーズンからあったパワープレーやシュートレンジの設定などが廃止。
パス、ロングボール、サイドアタック、スルーパス、オーバーラップ、交代の6つ。
試合で行動の使用率などに影響が出る。

・シュート判定

今シーズンから採用。判定によってシュートの数値に補正される。

Perfect 問答無用で数値が201。キーパーは絶対に防げない。
VeryGood 多少上方修正される。
Good 選手本来の能力。判定補正はなし。
Bad 多少下方修正される。
Miss 0。シュートミスになる。

実力差があってもPerfectやVeryGoodがでれば得点できる可能性は残されている。

・セットプレー

昨シーズンではまったくPKやFKで得点できなかったが
今シーズンはPKやFKで決めるチャンスが格段に増えた。
拮抗した試合で貴重な決勝点となる事もある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。