クソゲーの定義


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クソゲーオブザイヤー(以下KOTY)スレ住民とゲームハード板(以下ゲハ)住民とそれ以外では、何をもってしてクソゲーと呼ぶかの意味合いが異なってくる。そのため、その人の所属派閥に応じてクソゲーの文脈での意味を読み取ろう。
  1. 一般的には、つまらないゲームやバグが多いゲームをクソゲーと呼ぶ。またシリーズの中でそれほどでもない作品もクソゲーと呼ぶ。
  2. ゲハ住民は自分の嫌いなハードで出た作品は全てクソゲーと呼ぶ。たとえ自分の好きなハードで出たとしても、他のハードに移植(特に完全版として)されるとクソゲーと呼ぶ。また自分の好きなハードの性能を生かしきれていないゲームもクソゲーと呼ぶ。
  3. KOTYスレ住民は、ちょっとしたヘボシナリオやバグの多さぐらいではクソゲーなど言わない(2006年までは一般の人と同じ意味合いで使っていた)。ひどすぎる電波シナリオ、進行に影響のあるバグ、やる気のない手抜き臭、原作があれば原作レイプ、その他、もはやゲームと呼ぶのか怪しいレベルのものをクソゲーと呼ぶ。一般の人がクソゲーと呼ぶものでも、「遊べる」ならクソゲーとは呼ばない(たとえ楽しくなくても)。またシリーズでクソゲーでも「ガッカリゲー」としか見なさない。クソゲーオブザイヤーはまともな消費者なら買ったら絶対怒るものばかりノミネートされる。彼らの言う「日照り」は一般消費者にとっては喜ばしい時期である。