マイナーチェンジ商法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「マイチェン商法」「ポケモン商法」とも。「バージョンアップ商法△」「曲芸商法」も参照のこと。
設定が一部しか違わない別バージョンを後発で出す商法で、代表的なものはポケモンシリーズである。
以下例。
  • 青(雑誌の応募者のみが購入できる別バージョン。後に市販)
  • ピカチュウ(開発が遅れた金銀発売までの中継ぎ)
  • クリスタル(カラー専用・一部イベント追加)
  • エメラルド(ルビー・サファイアの難点を修正)
  • プラチナ(完全版商法△
こういった商法は焼き増し・複数買い狙いなどのそしりを免れない。しかし一方で、まったく同じものをバージョンを上げて出すバージョンアップ商法に比べれば良心的であるとの擁護意見もある。