巨木


都市から離れ森に住む人々は、やがて巨木に寄り添って住むようになった。村の誕生である。

やがて巨木自体にも"技術者"の手により人が住みよいような空間(部屋のようなすきま)を作ったり、
"枝師"による成長区域のコントロールが行われ、人と木の共生関係が成り立つようになった。

関連項目


添付ファイル