ガノッサ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ガノッサ・エル・ユグドラシル》

ユグドラシル第13代皇帝。
父オットー・エル・ユグドラシルが好戦的な性格だったのに対し、非常に平和主義だった。
様々な善政を敷いたことから国民から愛された彼だったが、同時に政敵に対しては容赦なく粛正を行ったことから、
《二面のガノッサ》と呼ばれた。

特に、実の父である前皇帝の病死は彼による陰謀だともいわれ、臣下の中には彼を恐れる者もいたという。
一人息子であるアーサーを溺愛していたが、彼の成人を待つことなく病死。
皮肉なことに、彼の死もまた、臣下の陰謀だったのではないかと言われている。

関連項目