下校時刻

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【下校時刻】

久平領のとある山村の学校。
人口数百人の小さな村で大した施設もなく、村の子持ちの親は挙って隣町の学校に子供を通わせている。
この村で勉学に励む学生も15歳までで20名足らず、教師も1人しかいない為手が回らない。
都心から転校してきた彼にとっては、周りの年の近い学生に勉強を教えるここのゆったりとした空気は、さぞ良いものだろう。

『転校から早一週間。最初はどうなる事かと思ったが、学級委員が気さくな奴ですぐ打ち解けられた。
 転校初日に誘われた部活にも大分慣れた。
 今日も部活仲間のあの子と帰った。家が近いこともあり登下校はいつも一緒。
 本当に毎日が楽しい。長年書くことのなかった日記も、この分だと埋まりそうだな。』
―――少年の日記より

添付ファイル