煌桜樹

《煌桜樹/Gleam Cherry》

久平東部からユグドラシル北部にかけての地域に自生する落葉広葉樹。
現在、単に「サクラ」といった場合、この種を指すことが多い。
オールグリーンを形成する木々の中でも特にマナの放出量が多く、
この木が生えている地域は、周囲に比べマナが濃密な土地となっている。

春の盛りに咲く花は、一年をかけて蓄積されたマナによって淡く輝き、
並木として植えられている地域では、夜でも明かりを必要とせずに夜桜見物ができる程である。

花は3~10日ほどで散り、土に還る過程で大地にマナを供給し、土地をより肥沃にしていく。
また、魔術の触媒や魔法薬の素材としても重宝されているため、
花見の後、周囲に積もった花弁を拾い集めて持ち帰る『桜狩り』という行事が行われる地域も存在する。

添付ファイル