豪風王


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

豪風王

久平領に属する島の一つ『臥龍島』に聳える岩山、
"双角山"の南峰一帯に棲む武猿の群れを統率する王。

吼え声によって暴風を操り自在に空中を駆ける能力を持ち、
その腕から繰り出される鉄棍は、一振りで巨木を薙ぎ倒すという。

北峰の群れを率いる剛炎王と長年にわたって対立しており、
数ヶ月に一度の間隔で大規模な"戦争"を繰り返している。