エルネセウム


ユグドラシル皇帝府『エルネセウム』

ファンタズム中央地区『リヴェルティア』の中に存在する、皇帝の住まうユグドラシルの心臓部。
かつて初代皇帝バルバロッサ・ジオ・ユグドラシルウルズ川ヘルヘイム城の戦いを経てこの地に進出し、
周辺の王国を独立させたまま傘下に置きユグドラシルを建国した際、ラサンス山麓に築いた城砦。

セラル海峡を挟んで南側には巨大な塔『アイラルの塔』があり、周辺国の王族を招いた際にはここが使用される。

内部は戦時に国民や兵士を避難させる場所として使うため、城砦後ろのラサンス山内部まで開発されており、
正面ホールは相当な広さの空間をもつ。

アーサーを除く歴代皇帝の巨大な立像が左右に並ぶ正面ホールから奥は皇族と従者、近衛兵の居住区と
王宮があり、地下には宝物庫や戦艦クラスの艦艇をも収容できる兵器庫がある。

また内観はのちに『ジオフロント』から脱走した、とある若者のもたらした情報から
極秘裏に派遣された学者により類似が指摘され、なんらかの関係があるのではないかと言われている。
正面扉からホール、図書館などの周辺施設までは基本的に誰でも入ることができ、
他の場所も許可証があれば入ることができる。

普段は閑静な、しかし皇帝の威厳を『アイラルの塔』とともに国民に象徴している場所である。


『屋内だというのに、外にいるかのようだ。天井は遠く、声すら響かない。それはあの場所と変わらない。
しかしここには自由がある。歩き、見、考える自由が。あの場所に、自由は無かった。』
――ある脱走者の手記より


添付ファイル