オールグル-上層-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


オールグル -上層-

軍事大国ソレグレイユの基盤を支えるオールグルでは、
日夜休むことなく兵器の研究・開発・生産活動が一手に行われている。
歩兵用自動拳銃から次元兵器、さらには戦艦やアルカディオなどの
巨大兵器を建造するための施設も揃っている。

移動手段は主にエヴィングだが、貨物や重機を移動させる際は通常の車両および小型輸送艇が使用される。
職員の居住区も各所に併設されており、画像右奥の小規模建造物群はそのひとつである。

era2後期、鉱物資源が豊富だったこの地が開発された当初は、
ソレグレイユの兵器産業のなんと70%近くを担っていた。
その為、当時の職員たちは重労働を強いられ、過労で倒れる者が続出し、死者も出た。

しかしera3最初期、オールグルから分離したスクラウディック社が
アンセリア』に本社と製造の拠点を移したのを皮切りに、
他のいくつかの有力企業も拠点を移し始めた。

ジャクマ山に実験的に築かれた火口都市『ナガフ』の兵器産業利用を試みたウェライア・テクノロジーや、
首都に拠点を移しメルシュテル・エレクトロニクスに統合されたアサント社などがそれにあたる。
それにより、ある意味で過密状態であったオールグルの労働環境は大幅に改善された。
また機械化が進んだこともそれに拍車を掛けたと言えるだろう。

era3現在は、ソレグレイユ連邦政府とメルシュテル・エレクトロニクスが共同で運営を行っている。

アルカディオ建造の際には、オールグルの約4割もの人員が作業に当たった。