高く厚く立ちはだかる雲は、随分と昔から私達の生に隣り合っていた。
嘗ては陽の射したという空は、最早灰色に濁った幻に覆い隠されてしまった。
けれども、それすらも今は、私達にとっての日常。
海を薄暗く包み込む暖かな非情に抱かれて、日々は何時までも過ぎていく。
それは、当たり前の光景に過ぎないのだ。

添付ファイル