ハイエルフ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


人類亜人種《ハイエルフ》

エルフ同士の交配でのみ稀に生まれることがある亜人種。
外見は通常のエルフとあまり変わらないが、白い肌を持つ通常のエルフと比べ肌の色が濃く、
通常種に近いという特徴がある。

個体差はあるものの魔術の素養が非常に高く、有能な魔術師として名を馳せたものもいるが、
それゆえに忌み嫌われたことも過去にはあった。
彼らは長い間通常のエルフの社会に紛れ、時に彼らを率い、またある時には差別の対象となってきた。

『ハイエルフ』という呼称が一般化し、ひとつの種族として認められるようになったのも
比較的最近になってからのことである。

現在確認されているハイエルフは全て男性体で、
一説ではダークエルフと対になる存在なのではないかと言われている。
平均寿命は通常種よりは長いが一般のエルフよりは短く、個体によっては通常種より短い場合もある。

長きに亘り抱いてきた、寿命が長く結束が固い他のエルフ達への劣等感からか、
彼らはハイエルフとしての誇りを持ちながらも、
同時に他種族と最も積極的に交流しており、現在では通常種の社会においても一定の地位を築き上げている。

そういった経緯から差別的思想を持つ者も少なくないエルフ諸族の中では、
最も異種族に好意的な種族であるといえる。

それ以降は他のエルフの中にも、彼らをエルフと認める者もかなり多くなってはいるが、
一部からは「異端者」と呼ばれることもあり、その溝は未だ消えていない。