暁光の皇帝軍

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


暁光の皇帝軍

マイスナーが戦死したという報せがマイスナー自身による見せかけのものであることは、
アーサーを含め少数の人間だけが感付いていた。

アーサーはマイスナーを牽制する一方、味方を増やすことも行っていた。
そんな中、同じく戦死したはずのイザベルが帝都に戻っているとの報せが届く。
そこでD3兵器の存在をイザベルに知らせ、上手くマイスナーと対立させることが出来ればと考え、
ディトリッヒをイザベルの元へ送った。

ディトリッヒはD3の存在を知らせると共に、言葉巧みにユグドラシル大将軍イザベルを説き伏せ、
結果彼を激怒させた。
非人道的であること以上に、練られた戦術の元であれば戦術兵器として十分有効なD2兵器とは異なり、
無差別に大量破壊を行う戦略兵器でしかなかったからだ。

彼はソレグレイユ以前にユグドラシルの国土を焦土にしてしまう兵器など、
制御されていない悪魔と何も変わらない人災と言ってもいいと考えていた。
そしてアーサーによる再度の帝都奪還戦のさなか、イザベルはマイスナーを問い詰めた。
何故自分に秘匿していたのか。
一体何を企んでいるのか。

しかしマイスナーは、その問いには答えず、ただ、何かを含んだ嗤いを浮かべていたという。

イザベルは悟った。
自らを慕い、信じてついて来た幾多の勇敢な帝国軍兵士達は、この男の下では到底報われないのだと。


『マイスナー。貴様は一体、何を企んでいる? 
 あのような兵器を使うなどと、先帝陛下の御遺志を踏み躙るつもりか』

『これはこれは大将軍閣下。確か貴公は、あの戦いで名誉の戦死を遂げたのではなかったか?』

『それは奇遇だな。私も貴様はあの戦いで消し飛んだものだと思っていたが……
 七師将同士、抜かりは無かったということであろう。
 世間話をしに来た訳ではない。ソレグレイユを攻撃するために、
 我が国の国土までも灰燼と帰させるかマイスナー。
 あのような物は兵器でも何でもない、唯の人災だ。
 貴様も分かっている筈だ。このままでは、我が国は破滅する。世界を道連れにしてな』

『我はそれでも一向に構わない。我には何の関係もない話だ』

『貴様……よくもぬけぬけと、そのような台詞を吐けたものだな。
 民の存在しない国家など、もはや国家などではない。
 貴様がこの国を掌握したところで何も変わらぬ。
 貴様などに、我が兵士達を預けて置くわけにもいくまい』

『クク…なら、貴様ともここまでだな、大将軍。少しは使えるかと思っていたが…失礼する。
 我にはまだ、やることがあるのでな』

『……兵士達が世話になった礼だ、ひとつ忠告しておいてやろう。間もなく夜は明ける。
 アーサーは……いや、陛下は、この帝都に戻ってこられる。
 国民も、貴様が思うように愚かではない。
 先帝陛下、そしてまた大帝陛下の遺志を継ぐ国民が、愚かである筈がなかろう。
 自信に満ち、野望に燃えるのは良い。陛下もそう仰るであろう。
 だが、過ぎた慢心はいつか必ず、他ならぬ貴様自身を滅ぼすぞ』

『フン、相変わらずだな……知っているさ。いくら我と言えどもな。
 そうでも無ければ、このような馬鹿げた真似など……』


「ユグドラシル帝国大将軍イザベル・ダリウス・サラザールより、
 当代無双にして勇猛果敢なる、総ての帝国将兵諸君に告ぐ。
 これより我が軍は、正統なる帝位継承者アーサー・フォン・ユグドラシルを援護し、
 簒奪者ルーシアス・ベルンフリート・マイスナーを討伐する!!」

―――摂政府、執務室にて

添付ファイル