オットー

「オットー・エル・ユグドラシル」

ユグドラシル帝国第12代皇帝。
開祖バルバロッサの再来と謳われる戦上手であり、幾度に渡る親征を行った。

11代皇帝ヒルデブランドとその寵姫の一人ガフラーヤナの子として誕生。
妾の子として産まれた彼は、嫉妬深い正妻の怒りを買うことを恐れた父の手により信頼に足る忠臣に預けられ、
その忠臣フリードリヒ・イェーガーの手によって出生の秘密を隠したまま、オットー・イェーガーとして養育される。

オットーが士官学校を首席で卒業し、ユグドラシル海軍に入って2年後。
彼の人生に大きな影響を与える出来事が起きる。

ヒルデブランド帝がとうとう正妻との間に子をなさぬまま、その色欲を尽くした生涯に幕を閉じたのである。
突然の皇帝の崩御により、宮中には大きな混乱が生じた。もっとも、跡継ぎがいなかったからではない。
問題はむしろその逆であった。
なんと、ヒルデブランド帝の子を名乗る人間が、次々と現れたのである。

先帝の放蕩生活が産んだ「ヒルデブランド帝の変事」と呼ばれたこの珍事は、
帝国貴族や軍閥の対立に拍車をかけ、あわや皇帝候補を抱えた有力者同士の内乱に、というところまで進展する。
しかし、これを憂慮したフリードリヒ公の活躍とオットー自身の才覚により事態は収束し、
帝歴256年、オットーは第12代皇帝の座につくこととなった。

だが、ようやく混乱を収め戴冠式へと向かう新皇帝を待ち受けていたのは、
さらなる混迷を極めた戦いだったのである。

アースガルズ戦役と呼ばれたその戦乱に勝利した彼は首都に凱旋し、人々は若き英帝を讃えた。
こうして最初の親征を終えた彼はその後度重なる内乱を収め、その武名をテオゴニア大陸全土に知らしめる。


このように輝かしい戦歴を持つオットー帝であるが、内政の場においても同じ耀きを放っていたわけではない。

彼はまさしく武人であり、敵はもちろん、味方、そして自身にも公正厳粛な態度をもって接した。
これは騎士としては美徳であったが、政治家としては欠点にしかならなかったのである。

それは、神政アースガルズ首長国への苛烈な戦後処理や
政敵となった門閥貴族家の解体といった形からも見て取れる。
そもそも、オットー帝の耀やかしき武勲である8度の親征も、
出兵のはるか以前の段階で政治の場で解決できた問題ばかりである、と指摘するものすらいるのである。

しかし、オットー帝の強権的な武断政治はヒルデブランド帝の時代に乱れに乱れた政治形態を建て直し、
またオットー帝によりひずみの生じた内政はオットーの息子ガノッサによって立て直されたことから、
この親子をして「帝国中興の祖」と崇めるものも多い。

そして、第一次文明戦争の最中に病没した彼が生きていたならば、
きっとソレグレイユなぞ撃退していたのだ、という声すら上がるほど、
オットー帝のユグドラシルでの名声は強いのである。