ABとBCとCD

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





 「Booths of Fighters」exhaustや、「Bangin' Burst」exhaustに出てくる、ショート隣接同時押しが滝のように降ってくる譜面です。ひとつ兄の記事の「ABとBCのトリル」とは少し違います。
 普通に腕押しできる速度、具体的にはBPM200の8分以上で隣接が降ってくるときです。



 「ABBCのトリル」では、ABBCの後は必ずABに戻っており、CDBCのあとは必ずCDに戻っていたため、両手で交互に叩くことができました。
 ここで言いたいのは別で、ABBCCDまたはCDBCABという組み合わせが降ってくる場合です。こちらの方が何倍も難しいです。
 これを押すときの定石は、ABは左手、CDは右手、そしてBCは左手または右手で取ります。BCを左手人差し指と右手人差し指で取ることはしません。連打をするような、素早い動きをすることになります。

 BCをどっちの手で取るかは、利き手や得意な方の手で固定してしまうやり方か、外側に向かって連打するようにするやり方の、どちらかが良いように思います。
 後者を説明すると、BCCDは両方右手で連打、BCABは両方左手で連打、と決めてしまい、例えばABBCCDは左手右手右手で取る、といった具合です。

 百聞は一見にしかずということで、Booths of Fighterの手元の動画へのリンクを置きます。この方は右手が強いためBCを右手で固定しているようです。

 注意することは、あまり速く連打しないように気をつけるということです。「Booths of Fighters」ぐらいなら本気の速さで連打すると早すぎることが多く、むしろBT-BBT-C(共通しているボタン)が1回しか押せてないことがあります。まずは餡蜜やスライドにならないように、それぞれの隣接をはっきり叩くようにするのが良いです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル