ABとBCのトリル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。








 ABBCABBC→・・・という、一つが重なっているトリルがあります。セツナトリップ(EXH)で長いのがありますね。これは、左手でAB、右手でBC・・・というふうにとっていくのが定石です。これはSOUND VOLTEXの鍵盤が指に比べてかなり大きいからできることです。
 これを応用して、たとえば、縦連は片手でとるよりも両手でとったり、BABCBABC・・・といういわゆる螺旋階段は、右人右中左人左中・・・という指使いでとるのが安定するので、積極的に使っていきましょう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル