ショート出張




  FXボタン が絡まない、 BTボタン のみの出張の話です。

 出張が必要になるのは、片手がつまみで塞がっていてもう片手で鍵盤を捌く時です。鍵盤のみのときはホームポジションで、両方のつまみが動いているときは両手でそれぞれのつまみを操作します。
  この出張の記事では、左手がつまみで塞がっていて、鍵盤を右手で捌いている場合の話とします。 もちろん、右手がつまみで塞がっているときは逆の手で同じことをします。




BT-Bへの出張


 まずよく見るのが、 BT-B を打たせるもの、または BT-BBT-C の同時押しです。指は素直に BT-B を人差し指で、 BT-C を薬指か中指でとります。
 右手をホームポジションから動かすこの距離感は体で覚えるしかないので、マッチング待ち中に、ホームポジションから BT-BBT-C の同時押しをする練習を何度もするしかありません。




BT-Aへの出張


 さらに、 BT-A まで出張をさせられることがあります。 BT-B への出張ができるようになってからだと、 BT-A への出張のコツもつかみやすいです。レベル帯的にも、 BT-B の出張のほうが低いレベルの譜面で出てきます。
 これも体で覚えましょう。指はとりあえず BT-A を人差し指で、 BT-B を薬指か中指でとります。 BT-B への出張の感覚を足がかりにしてもう少し手を伸ばす感じです。あるいは、 つまみ を操作しているであろう反対側の手の少し手前という感覚でもいいかもしれません。マッチング待ち中にホームポジションから BT-ABT-B の同時押しを正確に押す練習をしましょう。








三つのボタンにわたるパターン


 ホームポジションでは、片手で多くても2つの BTボタン が同時押しで降ってきますが、もう片手が つまみ で使えない時には3つの BTボタン を同時押ししなくてはならないことがあります。(4つのBTボタンを片手で打つ譜面はまだありません)
 この動きは特有のものなので練習しなければなりません。
  BT-BBT-CBT-D の同時押しは人差し指、中指、小指で取るのがお勧めです。そうでなくとも、どの指で取るかは決めておきましょう。
  BT-ABT-BBT-C (を右手でとる)の同時押しも同様です。
 マッチング待ち中に練習をしておきましょう。


 3つ同時押しから真ん中をとった、ひとつ跳びの同時押しもこのポジションで取れます。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。